DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連地下鉄5号線工事、大連灣海底トン...
大連地下鉄5号線工事、大連灣海底トンネルと公明路延長工事が着工
2017-03-31

 

 昨日の午前、当市の二大重要な都市交通インフラPPPプロジェクト――大連地下鉄5号線工事、大連灣海底トンネルと公明路延長工事が正式に着工され、当市がPPPモードを推進、応用して重大なインフラ建設を実施することにおけて、堅実な一歩を歩みだしたと示す。大連灣海底トンネル工事は北が梭鱼灣20号道路、南へ梭鱼灣25号道路を経由して大連灣に潜り、トンネル管を沈下する形で大連灣を下から通り抜けて、南岸で港隆西路に沿って東へ人民路西側で接地し、また地面道路と接続して人民路を終点とする。工事本道全長約5098メートルである。道路レベルが都市快速道路で、双方向6車道、設計速度は本道60キロ/時間で、主体構造の設計耐用年数が100年である。公明路延長工事が南北走向で、大連市の東北地域に位置し、大連市甘井子区を通り抜ける。起点が海底トンネル工事につながり、北へ橋で梭鱼灣20号道路、甘井子駅10本鉄道、東方路の上からまたがり、東方路と全くインターチェンジになる。終点は201国道で、全長約6.9キロである。大連湾海底トンネルと光明路延長工事プロジェクトのスタティック総投資が約163億元である。プロジェクトは市都市建設局が市政府より授権される実施機関とし、公開入札方式を通じて中国交通建設联合体を社会資本側と選定した。当該プロジェクトの協力運営期間を20年間とし、建設期間を50ヶ月間とする。海底トンネル工事は2021年に竣工開通するよう見通し、公明路延長工事が2020年に竣工開通するよう見通す。

 

 

 

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved