DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
2020中国(大連)国際アパレル織物博覧...
2020中国(大連)国際アパレル織物博覧会が晴れ着で開幕
2020-09-20

    9月19日、商務部と大連市人民政府が主催する2020中国(大連)国際服装織物博覧会が大連世界博覧広場で盛装して開幕した。商務部の王炳南副部長があいさつし、服務博覧会の開幕を宣言した。省委員会常務委員で市委員会書記の譚作鈞氏、副省長の王明玉氏、中国紡織工業連合会会長の孫瑞哲氏が出席し、あいさつした。国際芸術教育プラットフォーム英聖教育院長のパーシー・ギルバート氏がこれに参加し、あいさつした。市委員会副書記、市長陳紹旺が主宰した。市人民代表大会常務委員会主任肖盛峰が出席した。

 

    王炳南は商務部を代表して服博会の開催に祝意を表した。同博覧会はすでに31回連続で開催されており、紡績・アパレル業界の国際交流プラットフォームであり、中国ブランドを展示する重要な窓口であり、中国の紡績・アパレル業界の発展に重大な歴史的貢献をし、ファッションの都、ロマンチックな大連に国際的影響力を強化し続けている。我々は国際紡績服装企業が中国に進出し、良質な紡績服装の輸入を拡大し、ブランド、技術などの全方位的な協力を展開し、人民の素晴らしい生活に対する需要を満たすことを歓迎する。王局長は、「大連は東北地区の対外開放の窓口であり、商務部は東北振興戦略を真剣に貫徹、実行し、大連が東北開放の最前線の役割を発揮し、国際貿易センター、水運センターを構築し、自由貿易試験区を建設し、サービス貿易の刷新発展の試行を展開することを支持する」と述べた。大連服博会が一流の国際経済貿易協力プラットフォームを完成して、レベルを出して、成果を出すことを望んでいます。

 

    譚作鈞は市委員会、市政府を代表して博覧会に臨んだ国内外の来賓に歓迎の意を表した。彼は、紡績服業は大連のファッションとロマンチックな気質が最も調和して、最も味が合って、服博会は1988年に創立して以来、一貫して会興業の趣旨を堅持して、文化交流を強化して、産業の発展を促進して、国際協力を促進して、都市の品質を高めるなどの面で重要な役割を発揮しました。大連は今回の服博覧会をきっかけに、繊維アパレル産業のモデルチェンジとグレードアップの推進を加速し、現代化の産業チェーンとサプライチェーンシステムを全力で構築し、繊維アパレル産業を大きくし、強くし、優良にする。繊維アパレル業界の対外開放を継続的に推進し、サービス貿易交渉と経済貿易協力交流を促進し、より多くの大連創造、大連ブランドを世界に進出させる、服博覧会を含む各種の開放プラットフォームを積極的に利用して、国際間の紡績服装産業と文化交流の橋渡しをする。私達は全力を尽くして各項目のサービス保障の仕事をしっかりして、みんなに再び大連の魅力を感じさせて、別のすばらしい収穫を得て、心から国内外の客商が連投資興業に来て、共に紡績服装業の盛んな発展のすばらしい明日を創造することを歓迎します。

 

    王明玉氏は省政府を代表して服博会の開催に祝意を表した。同氏は、「紡績・アパレル業は遼寧省が重点的に向上させた伝統的優位産業であり、重点的に構築した開放的提携名刺である。われわれは革新駆動戦略を踏み込んで実施し、インターネット情報技術と紡績・アパレル産業の高度な融合の発展趨勢に順応し、アパレル業のスマート化、ハイエンド化、ファッション化、国際化の方向への邁進を加速させる」と述べた。国内外の貿易商、出展商が服博会という国際化、多元化の展覧貿易プラットフォームを利用して、交流を展開し、友情を深め、協力ウィンウィンを行うことを希望する。

 

    孫瑞哲氏は、「ここ数年来、大連紡績アパレル業界は製造とサービスのリンクを強化し続けており、産業革新が盛んに発展し、ファッション消費が盛んになっている。特にカスタマイズ、スマート製造などの新業態の発展は注目に値する」と述べた。大連服博会は国家レベルの専門展示会と取引プラットフォームとして、大連ファッション発展のブランドとマークになっています。今回の展示会は需給の連結、商業の連動を推進し、デザイン力とブランド資源を融合させ、デザインの革新、モデルの革新を推進し、地域の新経済の成長を牽引するのに役立つだろう。

 

    パーシー・ギルバート氏は、「中国(大連)国際アパレル織物博覧会は知名度の高い国際的な専門展示会であり、今後の発展において、深い協力を強化し、互恵ウィンウィンを実現することを望んでいる」と述べた。

 

    市委員会副書記、宣伝部長徐少達、市指導者熊博力、惜国衛、王玲傑が出席した。開幕式には商務部対外貿易発展局の呉政平局長も招かれた、工業情報化部消費財工業司副司長曹学軍、中国紡織工業連合会副会長、中国服装協会会長陳大鵬、中国ファッションデザイナー協会副主席謝方明、大韓民国沈阳総領事館大連事務所総領事崔宗錫、日本貿易振興机構大連代表処所長重崗純、国内兄弟省市政府部門、業界協会及び出展者、バイヤー、デザイナー代表など。

 

    開幕式後、出席者と来賓は今回の初の衣装ショーを観覧し、会場を見学した。

 

    今回の服博覧会は「数連智裳」をテーマに3日間開催され、展示面積は3万6000平方メートルで、国内外の各種企業1000社以上が招待された。そのうち、海外の服ブランドが30%近く、国内の自主服ブランドが50%、織物や服飾部品などが20%を占めている。服博覧会の期間中には、中国紡績アパレル業界の「大連発表」、大連秋季ファッションウィーク、「大連杯」国際青年服装デザインコンテストなどのイベントが開催される。今回のサービス博覧会は初めてクラウドに進出し、新たなオンラインとオフラインの融合モデルを開始した。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved