DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
習近平主席、韓国の文在寅大統領と個別...
習近平主席、韓国の文在寅大統領と個別に会談安倍晋三首相
2019-12-24

    習近平国家主席は23日、人民大会堂で韓国の文在寅大統領と会談した。

 

    習近平は文在寅が訪中して第8回中日韓首脳会議に出席することを歓迎している。 習近平総書記は次のように指摘した。中韓はいずれもアジア、ひいては世界で重みがあり、影響力のある重要な国であり、両国は二国間関係のより良い発展の推進、地域の平和と安定、繁栄の促進、多国間主義と自由貿易体制の防衛などの面で幅広い共通認識を持ち、緊密に協力する友人とパートナーであり続けてきた。 過去2年余り、中韓関係は安定した発展の大きな方向を保ってきた。 現在の世界で百年ぶりの大きな変化に直面している中韓は、戦略的パートナーシップを深化させ、発展させ、互いの核心的利益と重大な関心に配慮し、二国間関係をより高い水準に引き上げるべきだ。

 

    習近平総書記は次のように強調した。双方は質の高い融合発展の実現を目標に、潜在力をさらに掘り起こし、実務協力のレベルと水準を引き上げなければならない。 双方は、広域経済圏構想「一帯一路」の共同建設と韓国側の発展戦略計画の結合をさらに早期に実効性のあるものにし、早期に成果を収め、二国間自由貿易協定の第2段階交渉を加速させ、イノベーション·研究開発協力を深化させ、優位性の相互補完と成果の共有をよりよく実現することができる。 中韓人文交流促進委員会のプラットフォームをしっかりと使い、教育、スポーツ、メディア、青少年、地方などの分野の交流をしっかりと行い、両国人民の相互理解と友好的感情を絶えず増進しなければならない。 法執行の安全協力を強化し、国境を越えた犯罪を共同で摘発し、両国の社会の安定と調和を守るべきだ。

 

    習近平総書記は次のように強調した。当面、保護主義、一国主義、覇権行為は流れに逆行し、グローバルガバナンスを乱し、世界の平和と安定を脅かす。 中国は責任ある大国として、自らの発展を終始世界の発展の流れの中に宿しており、各国と平等互恵を堅持し、チャンスを共に享受し、共に責任を負い、人類運命共同体の構築に力を尽くしたいと考えている。 双方が引き続き国連、G20、アジア太平洋経済協力会議などの多国間の枠組みで協調を強化し、国際的公平·正義と両国の正当な権益を守ることを希望する。

 

    文氏は中華人民共和国建国70周年を祝った。 文氏は「今年は韓にとって中両国が歴史的意義を持つ年であり、韓中関係は重要な進展を遂げている。 韓国側は両国の経済貿易、文化、スポーツ、環境保護などの分野での協力をさらに拡大し、「一帯一路」構想と韓国の「新南方新北方政策」との連携を推進し、共同での第三者市場開拓協力の推進を加速させたい考えだ。

 

    韓国側は中国側との意思疎通を強化し、在韓中国人民志願軍烈士の遺骨引き渡し作業を引き続き進めていきたいとしている。 韓国側は、香港の事務も新疆に関わる問題も中国の内政だとしている。 韓中両国は長い交流の歴史と文化的なつながりを持っており、両国は運命共同体だ。 双方の関係発展には「天の時、地の利」があり、今は「人の和」が加わることで、韓中関係の新しい時代が開かれるだろう。 韓国側は重大な問題における中国側の立場を理解し、自由貿易を支持し、中国側と地域の国際問題における意思疎通·協力を引き続き強化していきたいと考えている。

 

    両国の元首は朝鮮半島情勢についても意見を交わした。 習近平総書記は次のように指摘した。朝鮮半島問題における中韓の立場と利益は一致しており、いずれも半島の平和と安定の維持を堅持し、対話と協議を通じて問題を解決することが、平和的かつ対話を促す確固たる力であると主張している。 中国は韓国側が引き続き北朝鮮側と関係を改善し、半島和平交渉のプロセスを推進するために動力を注入することを支持している。 文氏は、韓国側は朝鮮半島問題の解決に向けて中国が果たした重要な役割を賞賛し、半島問題で生じた平和的解決のチャンスは容易ではないとし、韓国側は中国側とともに半島の平和プロセスの推進に向けて共に努力していきたいと述べた。

 

    楊潔チ、王毅、何立峰らが会見に参加。

 

    習近平国家主席は23日、人民大会堂で安倍晋三首相と会談した。

 

    習近平総書記は第8回中日韓首脳会議への出席を歓迎した。 習主席は「双方の共同の努力のもと、中日関係は持続的に改善、発展している。 今年6月、私は首相と大阪で会談し、新しい時代の要求に合致する中日関係の構築を推進し、両国関係の新しい未来を共に切り開くことで一致しました。 目下、中日関係は重要な発展のチャンスに直面しており、中国は日本側と緊密な意思疎通を保ち、政治的リードを強め、中日関係を再び新たな段階に引き上げ、両国人民により良い幸福をもたらすことを願っています。

 

    習近平総書記は次のように強調した。今の世界は100年ぶりの大変局を経験している。 情勢が複雑であればあるほど、われわれは余裕を持った戦略的な決定力を維持する必要があり、ますますわれわれは高みに到達するための全体的な視野を持つ必要がある。 新しい時代の中日関係を計画するには、まず戦略的共通認識を明確にする必要があります。 グローバルな大きな視野で両国関係を考え、計画することを堅持し、相互尊重を堅持し、共通の相違を追求した上で意思疎通の協調を強化し、手を携えて協力し、互恵·ウィンウィンの新たな枠組みの構築を積極的に推進しなければならない。 これは双方が新時代の中日関係を発展させるための共通の戦略的指針となるべきです。 双方は正しい方向を把握し、中日の四つの政治文書が確立した諸原則を厳守し、重大で敏感な問題を適切に処理し、両国関係の政治的基礎を強固にしなければならない。 これは双方が新時代の中日関係を発展させるために、必ず守っていかなければならない根本であり、いかなる時もあいまいにしたり、揺り動かしたりしてはならない。 双方は中日の「互いに協力パートナーであり、互いに脅威にならない」という政治的共通認識を実践し、「競争を協調に変える」という精神に基づいて、両国関係が常に正しい軌道に沿って前進し続けるよう推進すべきです。

 

    習主席は、双方は実務協力を広げ、質の高い「一帯一路」の共同建設と中日の第三者市場協力を推進し、人工知能、ビッグデータ、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」などの分野で互恵協力を強化し、双方向の開放、公平で透明、非差別的なイノベーション環境を積極的に育成し、より高いレベルの互恵ウィンウィンの実現に努めなければならないと指摘した。 文化、観光、教育などの人文分野の交流を強化し、青少年の双方向交流を促進し、地方友好都市の協力を拡大し、相互に相手の東京オリンピックと北京オリンピックの開催を支援し、両国人民の友好的な民心の基礎を固めなければならない。 安全保障面の相互信頼を増進し、建設的な安全保障関係をより積極的に構築しなければならない。 国際的な責任感を示し、多国間主義と自由貿易を守り、開放型世界経済の構築を推進しなければならない。

 

    安倍晋三首相は今年、日中両国の間でハイレベルな往来が頻繁に続き、相互理解が進んだとの認識を示した。 日中関係は良好に発展しており、両国関係の発展は地域及び世界の平和、安定と繁栄にとって重要な意味を持っています。 日本側は習近平主席が来春に日本を国賓訪問することを非常に重視し、期待しており、日本側は中国側と緊密に意思疎通を図り、訪問の円滑な成功を確保し、新時代の要求に合致する日中関係を構築したいと考えている。 日本側は双方が経済貿易、投資、イノベーション、観光、文化、スポーツなどの分野で実務協力を引き続き拡大することを希望している。 日本側は中国側と積極的に第三者市場協力を推進し、地域問題について意思疎通·協調を強化したいと考えている。

 

    楊潔チ、王毅、何立峰らが会見に参加。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved