DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
第4回中英地方指導者会議が大連で行われる
第4回中英地方指導者会議が大連で行われる
2018-10-17

 

第4回中英地方指導者会議が大連で行われる

 

    昨日、中国人民対外友好協会、在中国イギリス大使館、イギリス住宅、団地と地方政府部が主催し、大連市政府が開催する第4回中英地方指導者会議が冨麗華ホテルで開催された。在イギリス中国大使館の劉暁明大使が大会にお祝いのメールを送り、省委員会常務委員兼市委員会書記の譚作鈞氏が開幕式に出席し、陳緑平副省長、譚成旭市長、中国人民対外友好協会の宋敬武副会長、在中国イギリス大使館の司徒娜副館長がそれぞれ挨拶した。市政府の衣慶燾事務総長が司会に務めた。

 

    中英地方指導者会議は中国人民対外友好協会、イギリス住宅、団地と地方政府部が中英高級人文交流メカニズムの枠組みで創立した中英間で初めてのメカニズム地方協力プラットフォームである。これまでに3回を成功に開催した。この会議は「世界の視野を樹立し、『黄金時代』を共に作る」をテーマとし、3日間にわたって開催される。

 

    劉暁明氏が在イギリス中国大使館を代表し、第4回中英地方指導者会議の開催をお祝いし、両国の地方指導者がより広い世界的視野、もっと積極的に、もっと強い責任感で中英地方協力の「4つの新しいチャームポインド」を共同で作り出す。一つ目は地方指導者会議を支えとし、中英戦略ドッキングの新しいチャンスを良く把握することである。お互いの発展戦略を深く理解し、政策のドッキングを強化し、双方の企業の協力にもっと良好な環境と便利な条件を提供する。二つ目は相補優勢に着目し、中英実務協力の新しいルートを開拓することである。エネルギー、金融、革新、自動車製造、インフラ建設などの分野における協力を推進し、人工知能、グリーン経済、共有経済などの新産業、新業態の協力潜在力を掘り起こす。三つ目は特色ある項目に力を入れ、中英協力のウィンウィン局面を開拓することである。それぞれの優勢を十分に利用し、地方特色ある旗艦プロジェクトを作り、『中英科学技術革新協力戦略』が地方で実行られるように推進する。四つ目は人文交流を足がかりにし、中英友好交流の新しいエネルギーを蓄積することである。創意産業、文化遺産保護、観光と芸術祭などの協力を深化し、地方文化、観光、教育交流メカニズム、常態化を促進する。

 

    陳緑平氏が挨拶で、「習近平新時代の中国特色ある社会主義思想の指導に従い、遼寧省は絶えず改革開放を深化し、『一帯五基地』の建設を加速し、『五大区域発展戦略』を深く実施し、経営環境の最適な省を全力で建設し、東北の新しい全面的な振興で問題を解決し、先頭に立つように努力する。我々は習近平総書記が新時代の東北全面振興に関する重要な論述を真面目に実行し、新しい発展理念を断固として実施し、高品質の発展を断固として推進し、品質、効率と動力の変革を加速し、近代化経済システムの建設に力を入れ、革新発展、モーデルチェンジ発展、良質発展の全面振興のルートを開拓する。イギリスと遼寧省の経済貿易協力が日々強化になり、遼寧振興発展の歩調が絶えず加速されることは遼寧とイギリスの地方間の交流と協力を深めるために貴重な機会をもたらし、中国とイギリスの協力と努力に基づき、遼寧は必ず中英地方協力の中でもっと大きな役割を発揮することができ、『黄金時代』を共同で作る中英全面戦略パートナーシップに更に大きな貢献をすることができる。」と言った。

 

    譚成旭氏が市委員会、市政府を代表してフォーラムに参加するゲストを歓迎し、そしてわが市の自然資源、産業発展と対外開放の情況を紹介した。彼が、今回の会議が大連で開催されることは中央が東北地区、大連市に対する戦略重視と期待を十分に体現していると言う。

 

    大連とイギリスの友好往来は歴史が長い、経済と貿易の提携は日に密接で、大連におけるイギリスが投資した企業は123社に達し、実際に11億ドルの外資を利用している。大連は相前後してグラスゴス市と友好都市となり、北アイルランドのドリストバン市と友好協力関係を結んだ。また、中英先進製造産業模範園が大連市花園口経済区を選んで建設していることは大連とイギリスのもっと深いレベルで、もっと高いレベルでの協力の新しいページを開いた。我々は、中英先進製造産業模範園の建設に参加するように各のゲストを積極的に招待し、みんなが積極的に大連に来て考察し、投資するように心から歓迎し、誠意を持って、より優れた環境、より効率的で企業が大連における発展に全面的かつ良質なサービスを提供する。

 

    宋敬武氏が中国人民対外友好協会を代表して中英地方指導者会議と両国地方の協力に対して四つの提案を提出した:1つ目は中英地方協力の戦略リードとトップレベルの設計を堅持することである。突破口を探し、中英地方指導者会議と中英高級人材交流メカニズムの枠組みに基づく協力プロジェクトと中英地方貿易投資フォーラムなどのメカニズムの繋がりを強化する。2つ目は「量と質を同時に重視する」を堅持し、中英友好都市の資源を活用することである。条件が整った友好協力関係がある中英地方が正式に友好都市に結むするように励ます。3つ目は中英地方政府と企業の実務協力にサービスするのを堅持することである。重点企業の名簿と重点協力プロジェクトのリストを記録し、政府と市場の役割を十分に発揮し、中英地方政府と企業の実際協力にサービスする橋を架ける。4つ目は地方の協力により中英の人民が心は通じ合うように推進することを堅持することである。教育、文化、衛生、観光、青年などの分野における交流を更に強化し、中英協力に対して社会民意の基礎を深く築く。

 

    司徒娜様がイギリス政府を代表して中国人民対外友好協会がこの会議への支持を感謝し、遼寧省と大連市の丁寧な手配に感謝した。彼女が、「中英地方指導者会議は両国地方政府が十分に交流できるためにプラットフォームを作り、本質的な経済互恵をもたらした。この会議は共同に関心を持つ話題について検討し、成功の経験を分かち合い、産業、文化、教育、医療などの分野における交流協力を促進し、両国人民の友情を増進できることを期待している。」と示した。

 

    その後に開催される全体会議では、北アイルランドのデイビッド・スターリング文官長、グラスゴのエバ・プランド市長、シェフィールド大区のダン・ジャーヴィス市長、北アンプトン市議会のジョナサン・ナイン議長、江西省政協副主席、撫州市委員会の肖毅書記と石家庄市、南昌市政府の関連指導者がそれぞれ挨拶した。靳国衛副市長が調印式に参加した。花園口経済区管理委員会が中英先進製造産業の模範園を紹介した。全体会議に参加する中英地方政府と企業が経済貿易投資、高等教育、職業育成、科学技術革新と体育交流などの分野の協力備忘録に署名した。

 

    開幕式や全体会議に参加するのはまたイギリス北アイルランド、スコットランド、イングランド北部経済センターの地方指導者と、在中国イギリス大使館、在中国イギリス機構、大学、企業の代表団、及び国内の一部省市政府部門の代表を含む。

 

    昨夜、わが市がレセプションを開催し、第4回中英地方指導者会議に出席する国内外のゲストを歓迎した。譚成旭市長が歓迎の言葉を述べた。市京劇場が会議に参加するゲストに素晴らしい演出を捧げ、国粋芸術の無限の魅力を見せた。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved