DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連税関が再び便利な通関の新措置を出...
大連税関が再び便利な通関の新措置を出す 輸入貨物は早めに通関手続きをしられる
2018-08-23

     8月21日、大連航豊国際貨物運送有限会社が取り扱ったトルコから輸入した自動車部品は大連税関のワンストップ通関サービスセンターで通関し、8月23日に大連大窯港に到着する予定で、その時は事前に手続きした通関手続きで直接通過することができる。これは大連税関が今年、貨物全体の通関時間を短縮する措置を実施した後、輸入貨物が事前に通関モードでの最初の貨物である。

  

    大連税関の紹介によると、輸入貨物は事前に通関は、輸入貨物明細書が規定の時間に税関に転送し終わった前提で、輸入企業は輸入貨物の発送後、到着する前に、早めに通関手続きをすることができる。貨物が「検査」などに及ばしていない場合は、貨物が到着した後に直接通過することができる。このような通関モデルの貨物の申告時間は輸出入日よりも早く、貨物が到着する前に税関に申告し、伝票を審査し、納税し、税関が申告を受けた後に企業が納税するという業務処理時間を効率的に短縮することができる。税関の監督・管理業務の効率を高めるとともに、企業が通関時間と物流コストを節約することができる。

  

    大連航豊国際貨物運送有限会社の通関部の担当者は、「以前の申告方式は、貨物が到着した後の2~3日の間に通関して貨物を受け取ることである、事前に申告モードを採用すれば、通関して貨物を受け取るという手続きを事前に進められる。1つ目は2~3日間の通関時間を短縮することである。2つ目は企業の港での倉庫の物流費を減らし、特に生鮮食品、多くの箱の貨物を輸入する企業にとっては便利である。」と示した。

 

    大連税関の関連担当者は、「企業が輸入貨物の事前申告モードを選択したのは申告から税の納付までの仕事を前倒し、貨物が到着した後に時間を取り、進度を急いで通関する必要はなく、港のの全体的な通関時間を効果的に短縮することができる。」と示した。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved