DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連重工がドバイデジタル化バルク貨物...
大連重工がドバイデジタル化バルク貨物組み合わせ設備に落札
2018-08-16

  近日、大連重工がドバイ哈翔清浄石炭発電ステーションの物流堆積と取り、輸送システムを落札した後、再度ドバイデジタル化バルク貨物石炭工場管理システムの項目を落札し、当石炭工場の物流から倉庫管理までのEPC総包契約書を手に入れ、累計契約額は3億元余りである。全体契約の締結により、大連重工が輸出、管理とコントロールの知能化向上及びクリーンエコ材料工場の全体の輸出を実現させ、企業が設計した自主知的財産権を有するデジタル化材料工場が国際的な突破を獲得させた。企業のブランド価値、知能アップグレード、および「コア製造+全体請負」の国際的な競争優位性を際立っていた。

 

  当プロジェクトの技術優勢はまず材料工場のシステムの知能化解決案、且つ閉鎖材料棚における材料堆積と取り機、ベルトコンベア、材料工場設備及び材料衝突防止の安全、エコ、高効率の運行管理・コントロールと三次元動的運行表示を実現したことに現れている。当プロジェクトが落札に成功したのは、大連重工技術の研究開発がこの分野において全体材料工場の自主的な知的財産権の国際性突破を実現することを体現している。即ち、国際の第一のデジタル化材料工場、国際で最も厳しいエコと安全材料工場、国内の第一の全体EPC輸出工場である。大連重工がバルク貨物市場で業績を創立し、新しい分野を開拓し、さらに国内のバルク貨物業界の発展を導くために堅実な基礎を築いた。

  

  ドバイ哈翔清浄石炭発電ステーションプロジェクトは中東地区の第一の石炭発電ステーションで、ドバイ2020年万博会の組み合わせ施設で、ドバイ第一大IPPプロジェクトと中東地区の第一のクリーン石炭プロジェクトである。完成後、この地区の規模が最大で、各指標の最も先進的な石炭発電ステーションになる。工事は材料工場の設備範囲が広くて、技術要求が高くて、数量が多くて、難易度が高い問題がある。この電気ステーションに付属する材料工場は物流置き、取り、輸送と管理の3つのシステムで構成され、2台の高性能の3300トン/時の堆積機、2台の高性能の3300トン/時原料取り機、26台の大型で広帯域のコンベアを含み、そして2基の長さが700m近い、幅が130メートルの棚をリアルタイムでデジタル化材料場管理などのスタンドアロンとシステム設備を行った。組み合わせプロジェクトは2020ドバイボーアオ会の給電を負担するため、工事の起点が高くて、要求が非常に厳しくて、国際の最高的な基準に従って実行され、しかも閉鎖材料棚の内部の設備システムは国際21区の防爆基準により要求される。

  

  当プロジェクトの成功調印は、大連重工がグループ全体「連合艦隊」の優勢を発揮し、前期において顧客経営と技術準備の国際基準と後期においてハルビン電力国際、東北電力設計院、アメリカBV会社との複数回ての交流と検討及び最終的に形成した最も良い全体的な解決案のおかげである。特にコア技術が研究開発した十数項の先進技術は業界のリードと国際革新を実現し、客先の高い評価を獲得した。これにより、最終的に多くの相手に勝って、成功を勝ち取った。大連重工を堆積、輸送、倉庫から管理までのEPC炭場の請負工事までの材料工場全体に持ち込むことに成功させた。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved