DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
上海市と大連市の掛け合い協力第2回連...
上海市と大連市の掛け合い協力第2回連合会議が上海で開催
2018-06-21

    習近平同志を核心とする党中央が新しい東北振興戦略の実施に関する重大な配置を徹底的に実行し、東北地方と東部地区の一部の省市との掛け合い協力工作方案を全面的に実行するため、6月19日から21日まで、唐一軍省委員会副書記兼省長が遼寧省党政代表団を率いて上海商研へ行って協力の引き継ぎを行った。6月20日、中国共産党中央政治局委員兼上海市委員の李強書記がわが省党政代表団の一行と会見した。同日、上海市が大連市と掛け合い協力第2回連合会議が上海で開催され、唐一軍遼寧省委副書記兼省長、応勇上海市委副書記兼市長が会議に出席し、演説した。譚作鈞遼寧省委員会常務委員会兼大連市委員会書記が会議に出席し、そして演説した。譚成旭大連市委員会副書記兼市長が2017年において上海・大連掛け合い協力工作情況を通報した。

 

    李強氏が会見の時に、遼寧省、大連市が長年にわたって上海の経済社会発展に対する支持に感謝した。彼が、「中央が上海と大連の掛け合い協力関系を確定することは、両地が相互学習、参考、助け合いにより共同発展を推し進めるために良いチャンスを提供した。現在、上海は習近平同志を核心とする党中央が上海仕事に対する指示要求に従って、国際経済、金融、貿易、航運、科技革新センターと文化大都市の築き上げと卓越したグローバル都市とグローバルな影響力を持つ社会主義近代化国際大都市を築き上げるのを加速して、更に都市の機能を強化し、都市のレベルを高め、全国の発展大局に更に良くて奉仕する。上海は党中央、国務院が新しい東北振興戦略を実施するための配置要求に従って、遼寧省委員会、省政府と大連市委員会、市政府と共に、各自の優位を発揮し、資源を共有し、互いの強みを補完し合って、共同で両地協力の大文章をしっかりと書いて、共同で国家戦略の実施のためにもっと大きい貢献をする。」と言った。

 

    唐一軍氏が遼寧省委員会、省政府を代表して上海市委員会、市政府が長期にわたって遼寧省、特に大連市の振興発展に対する重視、関心と支持に感謝した。彼が、「中国の改革開放のリーダーと革新発展の先駆者として、上海市は発展を図る構造、気迫、気前と革新の理念、仕事の精度と正確さがすべて真面目に研究と参考する価値があります。我々は終始、習近平新時代の中国の特色ある社会主義思想の偉大な旗を高く挙げ、党中央の掛け合い協力に関する施策と配置を徹底的に実行し、上海・大連掛け合い協力の深化発展を全力で支持し、すべての作業が実質的な進歩と成果を収めるのを確保する。掛け合い協力の制度をさらに改善し、掛け合い協力の任務を細分化し、ために上海と中国の協力の発展を完全に支援しなければならない。 相手方の協力体制の一層の改善、相手方の協力の精緻化、人材交流の促進、相手方の協力の成果の拡大が必要であり、対話のモデルを構築するために、人員の交流を推進し、掛け合い協力の成果を拡大し、各項目の仕事を詳細的に実行し、手を携えて掛け合い協力の模範を作って、上海・大連掛け合い協力をきっかけにして、上海・遼寧省協力の新しい局面を開拓する。」と言った。

 

    応勇氏が連合会議で、「習近平同志を中心とした党中央が、東北地方と東部地域が掛け合い協力する戦略的配備を発表することは跨る地域協力で東北振興を推進する新しいパスを作り、画期的な意義があります。党中央、国務院が上海が大連と掛け合い協力を行わせることは、上海にを与える重要な任務であり、上海に対する高度な信頼です。我々が使命の光栄、責任の重さを感じています。」と言った。

 

    上海と大連が国家の改革開放の窓口であり、多くの共通点を共有しており、協力の基盤と協力の可能性が高いである。 上海が党中央と国務院の配備要件を徹底的に実行し、政府指導、市場運営、補完的優位性、ウィンウィンの原則に従って、より強力で、より広い地域で上海と大連の掛け合い協力がより実績を収めるように促進する。 上海と大連の掛け合い協力を東北地区と東部地域のカ掛け合い協力の手本とベンチマークになるように建設する。

 

    譚作鈞氏が演説で上海市が大連市に対して大力な支持を感謝し、「大連市が党中央の決策配置を徹底的に実行し、上海市委員会、上海市政府の大力な支持におり、遼寧省委員会、省政府の要求に応じて全面的に掛け合い協力のさまざまな工作をしっかりと行います。一番目は両市が確定した協力項目をめぐって、産業協力を主に取り組んで、経済協力をますます深く進めようとします。二番目は上海が体制革新方面の先進的な経験をまじめに勉強し、大連特徴のある振興発展道筋を走りだします。三番目は上海の先進的な計画理念と都市管理の精密化経験を深く勉強し、絶え間なく都市計画・建設・管理レベルを向上させます。四番目は幹部の職位を留保するままで他の地域へ研修させることを展開し、教育・研修資源の共有を推進し、人材双方向交流制度を創立します。五番目は上海市の下部党建仕事について経験を勉強し、党建仕事で下部の管理革新を導いてします。」と示した。

 

    会議では、上海市が2018年において上海・大連掛け合い協力の重点仕事計画及び両方の区市県の結合協定を通報した。大連市と上海市が、上海・大連掛け合い協力枠組み協議と区市県の結合協定に署名した。大連市観光発展委員会、高新区、上海市金融事務所、松江区の担当同志がそれぞれ発言した。

 

    上海市の指導者である諸葛宇傑、彭沉雷と遼寧省の李金科指導者が関連活動に出席した。大連市の指導者である盧林、趙大光、熊博力、劉維木、靳国衛、劉鋼及び上海市、遼寧省関連部門の担当者、大連市の各区市県、開放先導区、関連部門の担当者が出席した。

 

    上海に滞在した中、わが省の党政代表団がまた相次いで学習、考察と仕事交流のために上海証券取引所と上海浦発銀行へ行った。

 

    また、知らせによると、上海と大連の多くの分野、多くのランクでの経済貿易協力を深化させ、かつ更に上海と大連の経済貿易協力の成果を拡大するため、6月19日~22日、わが市が上海市で「上海・大連協力を深化し、モデルチェンジを推進する」をテーマとする「2018上海・大連経済貿易協力の上海・大連ウィーク」イベントを行うと予定する。大連市の党政代表団が上海で一連の経済と貿易面談、学習と考察活動を展開し、市が直接に管轄する関連部門と各区市県、開放先導区が同時に70余り回に形式が多様で、内容が豊富な面談、交流、契約イベントを行った。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved