ホームページ > ニュース > 国際ニュース > 2017年中国「浜辺の道」ゲートボールシ...
2017年中国「浜辺の道」ゲートボールシリーズは荘河で終了

    6月26日、2017年中国「浜辺の道」ゲートボールシリーズ荘河試合は大連市のゲートボールフィットネス楽園で盛大に開催された。全国各地(台湾を含む)からの20ゲートボール代表隊、200名以上の選手は競技場でクラブを振り、競り合った。

 

    聞くところによると、今回の荘河試合は中国ゲートボール協会に主催され、大連市ゲートボール協会、荘河市高齢者スポーツ協会、荘河市ゲートボール協会に請け負われ、大連市体育局、大連市体育総会、荘河市文広局に協力される。中国ゲートボール協会副会長卢涛、中国ゲートボール協会、大連市ゲートボール協会の指導者、荘河市の指導者の何彤、李億兵、趙迎春、陸荐援、劉聖東、劉振亮などがイベントに出席した。

 

    イベントの閉幕式で、荘河市指導者は挨拶をした。中国ゲートボール協会と大連市ゲートボール協会が今回の試合を荘河に請け負わせることは、荘河に対する大きな信頼と愛護を意味する。荘河市党委員会、市政府は高齢者スポーツ仕事を重視し、2013年から標準の高いゲートボールセンターに400万元投資し、荘河市高齢者の健康フィットネスイベントを発展させた。今回の試合は荘河ゲートボールに貴重な学習チャンスを提供しただけでなく、しかも荘河ゲートボール事業の発展を推進する。

 

    聞くところによると、2017年中国「浜辺の道」ゲートボールシリーズは三回に分けられ、6月21日-23日の大連試合で、荘河代表隊が1位を占めた;6月24日-25日の旅順試合で、荘河代表隊が3位を獲得した;6月26日の荘河試合で、荘河市隊が1位で、荘河黄海隊が2位で、荘河康楽隊が3位を獲得した。

 

    当日の閉幕式で、荘河市指導者とイベントに参加したゲストは受賞代表隊に授賞した。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.