ホームページ > ニュース > 国際ニュース > 「夏季ダボス会議」の回顧ーーこれまで...
「夏季ダボス会議」の回顧ーーこれまでのテーマにより世界経済の変化を表す

    2007年から2017年まで、夏季ダボス会議のテーマは注目されてきた。「変化の中のパワーバランス」から「新ラウンドの高度成長」「第4次産業革命におけるあまねく広がる成長の実現」まで、テーマの変化は世界経済構造の変化を表すほか、中国経済成長の様子もはっきりと映している。変化を求める考えは「灯台」のように、人類運命共同体を明るい未来へ導いていく。

 

    変化の中のパワーバランス

 

    西洋先進国主導の世界経済の局面変化が始まり、中国をはじめとする新興国が素早く立ち上がり、世界経済フォーラムはこの変化を精確にキャッチした。

 

    新ラウンドの高度成長

 

    2008年米国サブプライム住宅ローン危機を発端とした国際金融危機が発生。世界経済の先はどこにあるか?「新ラウンドの高度成長」はこの夏季ダボス会議の注目点となった。

 

    成長の回復

 

    2009年世界経済は国際金融危機からの影響は頂点に至り、特に欧米先進国の経済がひどいダメージを受けた。どうやって金融危機の泥沼から抜け出し、経済成長を回復させることは数少ない国間の共同課題となった。

 

    持続可能な発展

 

    2010年国際金融危機の影響が段々消え、ダメージされた世界経済は経済決断者と学者たちに同じ問題を考えさせられる:持続可能な発展をどのように促進するのか?

 

    成長の質に注目し、経済構造を掌握・コントロール

 

     三年間の金融危機、欧米経済体は成長が滞るなか、さらに負債泥沼にはまり込む。新興経済体の中で、中国とインドなどは成長速度を加速しているが、インフレ、産業構成の遅れ、企業の創造力不足などの問題があり、今後の成長の質は課題となった。

 

    未来の経済を創造する

 

    金融危機より変化する商業環境を背景に、2012年度の夏季ダボス会議は主に「迅速に立ち上がるグローバル企業より持続可能な発展の促進への影響」を論議した。会議では、中国の経済改革、成長模式、発展方向、新たな成長ポイントおよび世界経済への影響を議題となった。

 

    革新は必要不可欠

   

    2013年、国際金融危機から五年経つが、世界経済はまだ複雑な状況の中、中国経済も構造転換という大事な段階を迎えた。

 

    イノベーションによる価値創造

 

    2014年、先進国のデフレと発展途上国の経済成長失速、地域政治危機など、世界経済に不安定な要素を与えた。中国はまさに世界経済のエンジンとなった。会議の参加者たちは地球の未来と新しい技術に注目すると同時に、世界経済の成長「先頭部」となる中国の成長ぶりに強い関心を示した。

 

     新ラウンドの高度成長

 

    インターネットは人類の生存と発展にとって重要なインフラの一つである。技術の進化と需要の増加とともに、インターネットへの要求がますます高まるに違いない。しかし、世界で40億人はまだインターネットを使用していないのだ。万物ネット化するのに、インフラの普及やデータ社会の育成などの問題が直面している。

 

     第4次産業革命におけるあまねく広がる成長の実現

 

    世界経済フォーラムの創設者兼会長のクラウス・シュワブ教授は第3次産業革命より、第4次産業革命はデータ技術の進化だけでなく、さらに生物科学、材料科学など各種技術もこれまでにない快速発展だと考えている。これらの発展は我々の日常やコミュニケーションに影響を与え、社会環境と人の身分も変えたという。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.