DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
譚作鈞、全市深化園区改革活動推進会議...
譚作鈞、全市深化園区改革活動推進会議に出席し、演説
2020-09-09

    9月8日、市委員会、市政府は全市深化園区改革業務推進会議を開催し、前期業務を総括し、当面の情勢を分析し、重点改革任務について再研究、再推進、再配置を行った。省委員会常務委員で市委員会書記の譚作鈞氏が出席して講話を行い、市委員会副書記で市長の陳紹旺氏が主宰して講話を行った。市委員会副書記、宣伝部長の徐少達氏が出席した。市の指導者熊博力、李鵬宇、曽波、楊宇新、靳国衛、于保和が出席した。

 

    譚作鈞氏は次のように指摘した。全市で園区改革決起大会を深化させて以来、園区改革は一定の成果を収めたが、存在する際立った問題は軽視できず、必ず高度に重視しなければならない。全市の各地区の各部門は、全市の発展における園区の重要な地位を深く認識しなければならない、キャンパス改革の困難さと複雑さを深く認識し、仕事の中に存在する格差と不足を深く認識し、園区改革をしっかりと行う思想的自覚と行動的自覚を着実に強め、「待てない」緊迫感、「遅くてはいけない」危機感、「座れない」責任感、「眠れない」負担感で、急いで進度を追い、一刻を争って実行に取り組み、園区改革の任務の着地と効果を加速させる。

 

    譚作鈞氏は次のように強調した。園区改革を推進するには、挑戦が大きく、難易度が高いため、思考の定石を打破し、問題指向を堅持し、果敢に真剣勝負に取り組み、改革を深く着実に推し進めなければならない。第一に、歴史問題のために改革を遅らせてはならず、歴史を尊重し、関連法規・条例に基づき、歴史問題の解決を積極的かつ穏当に推進し、人心をよりよく結集し、改革の合力を強めなければならない。第二に、長期的な協議を口実に改革を停滞させてはならず、現在に立脚し、待たずに頼らず、迅速に行動し、さまざまな理由で回避を避けず、園区改革の任務の実行に力を入れ、改革の停滞を断固として根絶しなければならない。第三に、肝心な部分の遅れによって改革に影響を与えてはならず、肝心な部分と重点分野に焦点を当て、大胆に試し、大胆に突き進み、自主的に改革し、的確に力を入れて改革を推進し、一子がいっぱいになって活性化する効果を形成しなければならない。四、ひたすら成功を守り、安定を求めて改革を平穏に推し進めてはならず、問題に向かって取り組み、抜本的な改革を行い、鋭意革新して突き進み、古い問題でもつれたり、古い体制・仕組みに妥協したり譲歩したりせず、精力を散らさず、力を減らさないようにしなければならない。

 

    譚氏は次のように強調した。全市、各地区、各部門は市委員会、市政府の統一的な配置に基づき、各自の職責を果たし、各自の責任を負い、緊密に協力し、力を合わせて協力し、改革任務を質の高いものに完成させなければならない。各区・市・県、開放先導区と各園区は改革主体の責任を強化し、主な責任者は改革の第一責任者の職責を確実に履行し、改革実施推進方案を科学的に制定し、時々刻々の進度に基づいて業務の実行を推進しなければならない。先頭に立つ部門は先頭に立って総責任をつかむことを強化し、協同連動を重視し、改革の全体的進度の一致、全体的効果の向上を保証しなければならない。関連職能部門は業務指導責任を強化し、自発的に問題を研究・解決し、上下連動・縦・縦結合の業務推進メカニズムを形成しなければならない。

 

    陳紹旺氏は主宰の際、全市、各地区、各部門は園区改革の重要な意義を十分に認識し、責任を締め固め、強力に推進し、園区改革の実質的な進展を確保しなければならないと強調した。認識を高め、責任感を強化し、責任感と使命感を着実に強め、時を待たず、一刻を争う精神で、鋭意進取し、主体的に行動し、全力を尽くしてわが市の園区改革の深化を深く発展させなければならない。重点に焦点を当て、徹底的に実行に取り組み、『大連市園区改革深化方案』『大連市園区改革深化の補充意見』の要求を厳格に実行し、工期を転置し、推進を加速し、改革任務の達成を確保しなければならない。監督・検査に力を入れ、強力に推進し、時期に応じて協調、指導、監督、サービスにいっそう力を入れ、進度が遅れ、不作為・不担当、職責履行が行き届いていない地区と部門に対しては断固として通報・批判し、責任を厳しく追及しなければならない。

 

    関連区・市・県、開放先導区の主な責任者は園区改革の進展状況を報告した。市委員会、市政府の関係方面の責任者が参加した。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved