DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
WHO、313億ドル調達へ新冠対応へ
WHO、313億ドル調達へ新冠対応へ
2020-06-28

    世界保健機関は26日、今後12カ月で313億米ドルを新冠薬物、検査ツール、ワクチンの開発と納入に充てると発表した。これには2021年末までに20億剤のワクチンを調達することが含まれ、うち10億剤は中低所得国向けと低所得国向けとなる。

 

    世界保健機構は同日、同社が主導する国際協力イニシアチブ「新型コロナウイルスによる肺炎対策ツールアクセラレータの獲得」への投資ニーズを更新した。世界保健機構によると、このイニシアチブは診断、治療、ワクチン、医療システム、コミュニティネットワークの接続という4つの柱を中心に展開され、今後12カ月間に必要な投資額は313億ドルに達する見込みで、そのうち34億ドルがすでに承認され、残りの279億ドルの資金不足のうち137億ドルの需要が差し迫っている。

 

    このほか、世界保健機構は2021年までに中低所得国に5億点の新クラウン検査ツールと2億4500万クールの治療薬を納入し、2021年末までに世界に20億剤の新クラウンワクチンを提供し、うち10億剤を中低所得国に使用する計画だ。

 

    世界保健機構の譚德塞事務局長は同日の定例記者会見で、「新冠疫病の発生状況を制御し、生命を救うためには、これまでにない量と速度で有効なワクチン、診断ツール、治療法を提供する必要がある、すべての人は新しい冠に感染するリスクがあるため、すべての人はすべて新しい冠の予防、発見と治療の道具を得るべきで、ただあれらの費用がかかる人だけではありません。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved