DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
習近平総書記、G20新型コロナウイルス...
習近平総書記、G20新型コロナウイルスによる肺炎対応特別首脳会議に出席し重要演説
2020-03-27

    習近平国家主席は26日夜、北京でG20新型コロナウイルスによる肺炎対応特別首脳会議に出席し、「手を携えて抗疫を図り、困難な時局を克服しよう」と題した重要演説を発表した。 習近平総書記は次のように強調した。突然の新型コロナウイルスによる肺炎の疫病の発生状況に直面しても、中国政府と中国人民は困難や危険を恐れず、終始人民の生命の安全と身体の健康を第一に置き、確固とした信念、同舟共済、科学的予防、的確な施策という総要求に基づき、全人民動員、共同防衛、共同コントロール、公開・透明性を堅持し、疫病の発生状況に対抗する人民戦争を始めた。 苦しい努力を経て、多大な犠牲を払って、現在、中国国内の疫病の発生状況防止・抑制の情勢は引き続き好転し、生産・生活秩序の回復は加速しているが、われわれは依然として少しも警戒を緩めることはできない。 現在、疫病の発生状況は世界に蔓延しており、国際社会が最も必要としているのは、自信を固め、心を合わせて協力し、団結して対応し、手を携えてこの人類と重大な伝染性疾病との闘いを勝ち取ることである。 中国は人類運命共同体の理念を堅持し、他国にできる限りの援助を提供し、世界経済の安定に貢献したい。

 

   これには中国共産党中央政治局常務委員で中央書記処書記の王滬寧氏が同席した。

 

   習近平総書記はまず、「中国が最も困難な時期に、国際社会の多くのメンバーが中国に誠意ある援助と支持を与えた。われわれはこの友情を常に銘記し、大切にしていく」と述べた。

 

   習近平総書記は、「重大な伝染性疾患は全人類の敵だ。 新型コロナウイルスによる肺炎の疫病の発生状況は世界に広がっており、人民の生命の安全と身体の健康に大きな脅威をもたらし、世界の公衆衛生の安全に大きな挑戦をもたらしている。 習近平総書記は会議の議題について4つの提案を行った。

 

   第一、新型コロナウイルスによる肺炎・疫病の発生状況防止・コントロールの世界的な抵抗戦を断固として行う。 G20保健相会議を早期に開催し、情報共有を強化し、薬物、ワクチンの研究開発、防疫協力を展開し、疫病の発生状況の国境を越えた伝播を効果的に防止し、公衆衛生システムの脆弱な発展途上国の対応能力向上を手を携えて支援する。 私は、G20の疫病対策支援イニシアティブを立ち上げ、WHOの支援の下で情報の疎通、政策協調、行動協力を強化することを提案する。 中国は人類運命共同体の理念を堅持し、各国と予防・抑制の有益な方法を共有し、薬物とワクチンの共同研究開発を展開するとともに、疫病の発生状況が拡散している国にできる限りの援助を提供したい」と述べました。

 

   第二に、国際共同防衛・共同コントロールを効果的に展開する。 中国はすでに新型コロナウイルスによる肺炎疫病の発生状況防止・コントロールオンライン知識センターを設置し、すべての国に開放している。 各国の力を結集し、共に協力して薬物、ワクチン、検査などの分野の科学研究の難関突破を加速しなければならない。 地域の公衆衛生緊急連絡メカニズムの構築を検討する。

 

   第三に、国際機関が役割を果たすことを積極的に支援する。 中国は世界保健機構が指導的役割を発揮し、科学的かつ合理的な予防措置を制定することを支持する。 私は、G20が世界保健機構に依拠して疫病の発生状況の予防・コントロールに関する情報共有を強化し、全面的かつシステマティックで効果的な予防・コントロールのガイドラインを推進することを提案する。 G20の意思疎通・協調の役割を発揮し、適時に世界公衆衛生安全ハイレベル会議を開催しなければならない。

 

   第四、国際マクロ経済政策の協調を強化する。 各国は協力してマクロ政策のヘッジを強化し、世界経済が衰退に陥るのを防ぐべきだ。 強力で効果的な財政・通貨政策を実施し、世界金融市場の安定を守り、世界の産業チェーン・サプライチェーンの安定を守る。 中国は、原薬や生活必需品、防疫物資などの国際市場への供給を拡大する。 弱者を保護し、人民の基本的な生活を保障しなければならない。 中国は引き続き積極的な財政政策と穏健な金融政策を実施し、揺るぐことなく改革・開放を拡大し、市場参入を緩和し、ビジネス環境を持続的に最適化し、積極的に輸入を拡大し、対外投資を拡大し、世界経済の安定に貢献していく。

 

   習近平総書記は次のように呼びかけた。G20メンバーは共同措置をとり、関税を減免し、障壁を撤廃し、貿易を円滑化し、強力なシグナルを送り、世界経済回復の士気を高める。 G20行動計画を策定し,疫病対策マクロ政策の協調に関し,必要なメカニズム的な意思疎通及び取極を適時に行う。

 

   習近平総書記は最後に、この肝心な時に、われわれは挑戦に直面し、速やかに行動しなければならないと強調した。 私は、私たちが同じ舟で助け合い、互いに助け合う限り、疫病の発生状況に徹底的に打ち勝ち、人類発展のよりすばらしい明日を迎えることができると確信しています。

 

   今年はG20議長国サウジのサルマン国王がサミットを主催した。 会議には、G20メンバーとゲスト国の指導者、世界保健機関、国連、国際通貨基金、世界銀行などの国際機関の責任者が出席した。

 

   各方面は発言の中で、新型コロナウイルスによる肺炎の疫病の発生状況は世界範囲で急速に蔓延しており、世界の公衆衛生の安全に深刻な危害を与えるだけでなく、世界の経済、金融、政治にも大きなマイナスの影響を与えていると考えている。 人類共通の危機に直面し、 独善できる国はどこにもなく、国際社会はこれまでのいかなる時よりも団結と協力を必要としており、迅速に協調し、力強い行動をとり、疫病の発生状況の伝播を効果的に遮断し、薬品とワクチンの研究開発などの科学研究協力を強化し、患者への治療を強化し、民衆の生命の安全と身体の健康を力強く守るべきである。 効果的な財政・通貨政策を採って、グローバルなサプライチェーンの安全と安定を保障し、グローバルな金融の安定を守り、世界経済の早急な回復を促し、疫病の発生状況が経済社会に与える損害を全力で低減しなければならない。 各国は、世界保健機構がリーダーシップを発揮することを支持し、発展途上国及び脆弱層の対応能力の向上を支援することにコミットした。

 

   サミットでは,「新型コロナウイルスによる肺炎に対処するためのG20首脳特別首脳声明」が発表された。

 

   丁薛祥、劉鶴、楊潔チ、王毅、肖捷、何立峰らが参加した。

 

   G20新型コロナウイルスによる肺炎対策特別サミットはサウジが主催し、ビデオ方式で開催され、疫病の発生状況に対応するための世界協力を推進し、世界経済を安定させることを旨としている。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved