DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
市税務局の2つの提案が国家税務総局に...
市税務局の2つの提案が国家税務総局に採用され、輸出企業40社以上が税還付1300万元余りを受け取る
2020-03-12

   市税務局は「輸出企業が誤る税関輸入増値税を還付することを許可する」、「期限を過ぎても申告していない輸出業務の還付を許可する」という輸出租税還付政策のニーズに引き続き注目しており、同局が提出したこれら2つの政策提案は国家税務総局が採用し、大連輸出企業40社以上がその中から輸出還付金1300万元余りを受け取る見通し。

 

    輸出企業を担当する市税務局第二支局は,輸出租税還付業務の「非接触型」の取り扱いを踏み込んで行い,規定に基づいて提出すべき紙資料は提出を保留し,疫病の発生状況防止製御が終了した後に再報告を行うことができる。一部の特殊業務については、まず租税還付を行ってから実地検査を行うことができ、例えば輸出企業が初めて租税還付を申請し、対外貿易企業の租税還付額が100万元以内、生産企業の租税還付額が200万元以内の場合、実地検査の実施を見送り、先行審査を行って租税還付を行うことができる。「貨物はもう入港しているので,返品証明を待っているだけで,疫病の発生状況は厳しい状況で,集荷の遅れを心配していた。税務署は疫病の発生状況期間中に紙の資料を提出しなくてもいいと自発的に知らせ,その日のうちに関連証明書を作成しておいて,我々の焦眉の急を解決した。「『非接触式』は『輸出貨物の払い戻し済税金(未払い戻し)証明書』の取り扱いに成功した後、大連佳興プラスチック有限公司劉経理は次のように述べた。

 

    同様に、大連優瑞化工貿易有限公司も、同社の制品を主に米国に販売している。2月末、同社は初めて輸出租税還付業務を申請し、中山間地域税務局は許容不足手続きを開始し、適時に25万元の輸出租税還付申告データの審査を完了した。 現在、市税務局の「非接触式」では、輸出の租税還付事項を120回取り扱うことが許容されており、このうち第1次申告租税還付企業は24社、先に租税還付を行った後の実地検査方式では100万元余りの租税還付を行う。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved