DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
遼寧代表団全体会議を行う 習近平総書...
遼寧代表団全体会議を行う 習近平総書記全国両会期間重要な話の精神勉強伝達
2019-03-07

    3月6日午前に、中国共産党第十三回全国人民代表大会第二次会議に出席した遼寧代表団は駐在地に全体会議を行い、習近平総書記が全国政協第十三回第二次会議に参加する文化芸術界、社会科学界の委員をお見舞いに行った時と第十三回全国人民代表大会第二次会議にモンゴル代表団の審議に参加した時の重要な話の精神を勉強し伝達して、思想と行動を習近平総書記が各項目への要求に切実に統一させている。陳求発、唐一軍、孫鉄、楊忠林、郝春栄、姜有為、譚成旭などの代表は発言をした。

 

    習近平総書記が全国政協第十三回第二次会議に参加する文化芸術界、社会科学界の委員をお見舞いに行った時の重要な話は、再び文化自信を蘊蓄とし、偉大なる霊魂と作品を動力として、党と人民のために引き続き前進するのに強力な精神的激励を提供する進軍ラッパが鳴り響いた、と代表の陳求発は発言の時に言った。我々は習近平総書記の重要な話の精神を深く勉強し理解し、努力してわが省の文化文芸仕事、哲学社会科学仕事の新しい局面を開く。広範な文化文芸担当者、哲学社会科学担当者は時代と同調して、新時代に遼寧の全面的な振興、全方位的な振興の新しい実践に焦点を絞り、遼寧振興発展の取った成果、生じた変化を深刻に反映し、時代に画像を写し、伝記を書き、美徳を高揚するよう願っている。民衆を中心とし、脚力、眼力、脳力、筆力を強化し、文化自信を民衆の心に書き、高級な力作を多く出して、思想が深い、製作が精良である芸術高級品を作り、理論の高度と実践力度がある哲学社会科学研究成果を出す。社会の新しい風尚を牽引し、職業道徳を堅守し、正道を守って革新し、仕事に勤勉であり、自尊自重自愛を実際の仕事の中に実行して、一言一行の中に体現する。

 

    党の第十八回全国人民代表大会以来、習近平同志を中心とする党中央は生態文明の建設を高度に視している、と陳求発は指摘した。今回に習近平総書記が内モンゴル代表団審議に参加して、生態文明建設の強化について重要な話を発表し、生態文明建設を強化するための「四つの一」という重要な指示を提出し、我々に更に習近平の生態文明思想を深く勉強し貫徹することやわが省の生態文明建設の推進に根本的な従うべきルールを提供した。

 

    我々は思想と行動を習近平総書記の重要な話の精神に統一させ、「緑水青山は即ち金山銀山であり、氷や雪も金山銀山である」という理念をしっかりして樹立して実践し、政治立場を更に引き上げ、「四つの意識」をしっかり樹立し、「四つの信念」を固め、「二つの維持」をする高度から、生態文明建設強化の政治的な責任と歴史的な担当を自覚して担うべきである。第一は生態文明建設強化の戦略定力を維持し、科学的な発展観と正確な政治的業績観をしっかり樹立し、生態環境と経済の発展を切実に根本から統一させ、生態環境の保護において決して揺るぎなく、弛まなく、決して初期の分裂状態をなくさせて、生態を優先に、グリーン発展を方向とする高品質の発展道路を踏み出す。第二は、中央環境保護監査をよく捉えて、整頓改革と実行を「顧みる」、断固とした態度、力強い措置、着実的な作風を以て、一項目一項目に実行を捉え、一件一件に整頓改革を捉え、生態環境の突出な問題を解決するのに力を入れて、監査検査審査を強化し、時間通りに高品質的に整頓改革の任務を完成することを確保し、断固として汚染防止の困難を克服する戦いに勝り、民衆の獲得感を絶えず強化する。第三は、金の余裕がない生活を過ごす覚悟を持たなければならない。困苦奮闘や勤倹節約を堅持し、「生活が先に、生産が後に」という原則に従って財政予算支出を手配し、民生を保障し、給料を保障し、運転を保障して、有限な財力を最も重要なところに用いる。

 

    習近平総書記の重要な話は文化文芸仕事、哲学社会科学仕事の重要な地位と役割を深刻に述べて、新時代の文化文芸仕事、哲学社会科学仕事をよりよくするために明確な要求を提出し、習近平新時代中国特色のある社会主義思想の重要な構成部分であり、我々に行動指針と根本的な従うべきルールを提供した、と代表の唐一軍は発言の時に言った。我々は思想と行動を習近平総書記の重要な話の精神に切実に統一させ、「四つの意識」をしっかり樹立し、「四つの信念」を固め、「二つの維持」を断固としてなして、絶えずマルクス主義がイデオロギー領域における指導地位を固め、文化自信を把握することがより基本的な、より深い、より持久的な力量であることを深く理解し、根本から整頓整理を行う上で新しい担当を体現し、正道を守って革新する上で新しい作為を実現し、全面的な振興、全方位的な振興を推進するのに強力な思想保証と強大な精神動力を提供する。

 

    我々は習近平総書記が内モンゴル代表団審議に参加したときの重要な話の精神を真面目に勉強し理解して、より高い基準、より厳しい要求、より着実的な措置を以て、努力してわが省の生態文明建設を推進して新しい段階に上がることを推進すべきである、と唐一軍は言った。第一は、新しい発展理念をうまずたゆまず実践することである。思想の自覚と行動の自覚を強化し、戦略定力と歴史的な根気を維持し、思想上に本当に樹立し、措置上に本当に体現し、仕事上に本当に実行することをなして、生態保護の警戒線、環境質量の最低のライン、資源利用の上限をしっかり守り、一つの革新的なモデ転換の、良質発展の全面的な振興道路を踏み出す。第二は、環境保護監査の整頓改革と実施を全面的に捉えることである。「各項目ごとに整頓改革があり、件に件に実施があり、事ごとに効果がある」要求に従い、力を集めて、集中して困難を克服し、重点を突出し、難点を突破し、中央生態環境保護の監査と海洋監査を「顧みる」ことのフィードバック意見の整頓改革と実行任務を完全に全面的に完成する。第三は、汚染防止の困難を克服するために良く戦うことである。水の問題を突破し、ガスの問題を固め、土の問題を治理し、三北防護林などの重だな生態修復工事を深く実施し、遼河流域と渤海遼寧間の総合治理を重点的に展開し、できるだけ3年から5年までの時間を用いて、遼河をよく治理し、良く保護し、良く利用するように努力する。第四は、全面的に責任の執行をよく捉えることである。「党政が共に責任を持ち、本職以外に安全の責任を持つ」ことを堅持し、層に層に責任を着実にし、層に層に圧力を伝えて、上下に共通の願望を持ち、各方面が連動して、習近平の生態文明思想を遼寧に根を降ろして開花し実ることを確保する。大いに困苦奮闘の作風を高揚し、勤倹節約の優良伝統を継承し、更に財政支出の構造を最適化にさせ、保障すべき支出は決してよく保障し、減らすべき支出は必ず減らさなければならなくて、群衆が良い生活を過ごせるために、むしろ政府が苦しい生活をしても良い、と唐一軍は示した。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved