DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
2018年に大商グループの売上高は3000億...
2018年に大商グループの売上高は3000億元を超え
2019-01-02

    昨日に行われた大商グループの2019年新年大会によると、2018年に大商グループの売上高は3000億元を超え、売上総利益は106億元、税引前利益は38.5億元であり、2018年中国民営企業500強に第10位に位置し、中国商業改革開放40周年勲功企業を受賞した。また、大商グループの取締役会の牛鋼主席は中国商業改革開放40周年功績者に選ばれた。会議で、牛鋼主席は「4000億に向かって、百億の純利益、百億の税収、百万の就職を実現する」という新たな目標を提出した。

 

    2018年、大商グループが「四自経営、共同販売請負、共同レベニューシェア」の3つの改革を同時に実施し、伝統的な共同代理販売から「自有、自制、自営、自己販売」に転換し、生産と製作に力を入れ、中間のプロセスを取り除く、「自分のものを売る、自分で売る」を実現した。統一的な仕入れの前提の下で、販売者個人は1つの陳列ケース、1つの商品から始め、目標の販売量、経済責任を負担し、販売量の超過利益をシェアし、順次に共同請負、チェーンになるように実現した。2018年、四自経営と共同販売請負が全面的に実施され、契約したカウンターは2000余りある。

 

    引き続き生産源に向かって発展し、小売業者から供給業者になるなった。オーストラリアビーフ、ニュージーランド羊肉、フランスワイン、南太平洋海産、オーストラリア果物などの国際食品分野以外に、国内の地理標識である希少な製品を引き続き開発し、新疆塔城のみある20余りの商品を導入した;貴州六盤水を一対一援助し、地理標識である赤いハートのキウイを各地に売られて行った;陽澄湖東湖中心区で500ムーの水域を定め、陽澄湖上海ガニを全国に輸送した。

 

    実体を引き続き強化し、都市総合体、無人店などの新しいプロジェクト、新しい商店が現れた。2018年2月、12万平方メートルの錦州錦繍前程ショッピングセンターが開幕した。9月、煙台都市楽園が着工した。同月、大連東港都市楽園が落札した。12月、大商グループの第一の無人店が営業し始めた。同月、「美食1号」が開幕し、輸入食材+現場飲食+科学技術体験のモードは大商グループが「シーン+技術」を実践するもう1回の試みになった。

 

    引き続きインターネットを利用して消費者に便利を提供し、店の経営管理の効率と産出を向上した。2018年、天狗網の登録ユーザーは1254万を突破し、通年で電子会員の取引額は354億元であり、天狗APPモバイル決済の取引額は112億元であり、天狗オンライン配送の注文取引額は1.8億元であり、国家のハイテク企業と認定された。中国の小売業に新しい実体小売オペレーティングシステムを構築する。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved