DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
わが市では市場変動プレゼンテーション...
わが市では市場変動プレゼンテーションが開催されて企業家に大連の投資発展チャンスを推薦
2018-11-15

    習近平総書記が東北振興座談会と民間企業座談会における重要な演説精神を徹底するため、11月14日、わが市では2018民営企業家大連行活動が開催された。当日午後、市委員会、市政府が富麗華ホテルで大連市場変動プレゼンテーションを開き、大連に来て活動に参加した106名の民営企業家に大連の投資発展チャンスを推薦した。中国共産党中央統一戦線工作部副部長兼全国商工連合党組織書記の徐楽江氏が出席し、演説した。省委員会常務委員兼市委員会書記の譚作鈞が出席し、プレゼンテーションをした。市委員会副書記兼市長の譚成旭氏が司会に務めた。市人民代表大会常務委員会の肖盛峰主任が出席した。

 

    企業家の代表とする恒力グループの陳建華代表取締役、蘇寧グループの張近東代表取締役、三一重工株式有限会社の梁穏根代表取締役、泰康保険グループの陳東昇代表取締役、永同昌グループの張宗真代表取締役長、東軟グループの劉積仁代表取締役が相前後して発言した。

 

 徐楽江氏が話で大連の建設発展の成果を肯定した。彼が、「習近平総書記が民間企業座談会で発表した重要な演説は、民間経済の発展を良好に維持するために強大な動力を注ぎ、民間経済がより広い市場へ進出するために確固たる信念を注いだ。また、多くの民間企業家に親切と温かさを感じさせ、党中央が民間企業の発展を強力に支持する決意を強く感じさせた。」と指摘した。

 

    徐楽江氏が、「新しいラウンドの東北振興戦略を実施することは、党中央、国務院が出した重大な決定部署である。大連は全国初の沿海開放都市、東北地区における対外開放のトップ企業とし、発展優勢が明らかで、発展潜在力が巨大であるため、民営企業は良好に発展られる可能性がある。広大な民営企業家が自信を強め、ある程度の成績を収め、実際の行動で国家戦略に積極的に参与し、東北振興と大連の高品質な発展に力を貢献すると希望している。地方における各級の党委員会・政府が更に思想を解放し、観念を転換し、発展する環境と体制・メカニズムをしっかりと建設し、革新・創業の土壌を良く育ち、市場の力を良く発揮し、民営経済の健康な発展のために良好な環境を作り出し、民間企業家が投資し、発展し、夢を叶われるための地域を作らなければならない。中国共産党中央統一戦線工作部と商工連合が積極的に、サービスの先頭に立ち、企業が投資発展中に遭った困難と問題を解決するように助け、清新型政商関係の作りを積極的に推進し、『2つの健康』を促進するために積極的な役割を果たさなければならない。」と強調した。

 

    譚作鈞氏が市委員会、市政府を代表して活動に出席する民営企業家を歓迎した。まず、彼が党中央と省委員会の強い指導を従い、大連振興発展が収めた新しい成績を紹介した。そして、彼が大連における投資して発展するチャンスを紹介した。

 

    譚作鈞氏が、党中央、国務院は東北全面振興を高度に重視し、次々と東北全面振興を支持する一連の政策を出す;大連は「一帯一路」の重要な都市として夏季ダボスフォーラムと中国軟交会などの開放協力媒体を持ち、かつ沿線国家との協力空間が広いである;大連は東北の対外開放のトップ企業と前線都市で、遼寧自由貿易試験区大連片区にコピーと普及可能な制度革新成果が形成され、かつ現在が自由貿易港の建設に積極的に申請している。大連は革新創業の良好な基礎を持ち、装備製造などの伝統産業の基礎が強大で、インテルを代表とする戦略的新興産業が集めを加速し、港航、物流、金融などの現代サービス業が盛り上がっている;大連の科学研究の実力は比較的に強くて、いくつの国家の重点大学と科学研究院所を持ち、相前後して人材政策の進級版を出し、人材を引きつける強い磁場が形成されていると言った。その一方、彼が大連創業営業環境を紹介し、「大連が相前後して企業の創立、プロジェクトの建設、電力利用と用地、科学技術革新、人材導入、金融革新などの面について一連の政策文書を発表し、絶えず『放管服』の改革を深化し、重大なプロジェクトに対して『サービス秘書』の保障制度を創立し、企業の融資ルートを広げ、企業の融資コストを引き下げ、広大な民営企業の革新創業に有利な条件を作り出している。」と言った。

 

    最後に、彼が、「現在、大連市委員会、市政府は習近平総書記が東北振興座談会と民間企業座談会における重要な演説精神を徹底的に学んで、貫徹し、民営経済を強力に発展させるという指針をしっかりと樹立し、民営経済の発展を支持する各政策措置を全面的に実施し、これまで通り民間企業の発展を支持している。各民営企業家が大連の発展に注目し、大連の建設に参与し、大連に行って投資して発展するように心から歓迎する。戦略投資家の愛顧、市民のみんなの努力があれば、大連の未来は期待でき、素晴らしいであると言った。

 

    企業家の代表とする陳建華氏、張近東氏、梁穏根氏、陳東昇氏、張宗真氏、劉積仁氏が発言した時、大連は東北地区における対外開放の窓とし、産業基礎が強大で、港の優勢が明らかで、営業環境が良好で、人材の資源が豊富で、科学技術の実力が比較的に強くて、生態環境が優越して、民営企業が投資して発展する空間が広くて、大連に投資して振興を促進することにとってはちょうど良い時であると示した。

 

    プレゼンテーションの前に、会議に参加する民間企業家が4組に分け、わが市の重点産業とプロジェクトの現場に行って調査研究・考察を行った。

 

    中国共産党中央統一戦線工作部、省委員会統一戦線工作部の関連指導者、市指導者の趙大光氏、熊博力氏、李鵬宇氏、曾波氏、靳国衛氏、王玲傑氏、趙敏氏、劉剛氏、遼寧沿海経済圏における各市の関連指導者、わが市の関連部門、各区市県と開放先導区の主な担当同志などが関連活動に参加した。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved