DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
全市における上半期の貧困援助開発工作...
全市における上半期の貧困援助開発工作総結テレビ電話会議が開催される
2018-09-18

    9月17日、全市における上半期の貧困援助開発工作総結テレビ電話会議が開催された。会議では習近平総書記が貧困から抜け出すに関する重要指示精神を徹底的に学んで、わが市の貧困援助開発工作を再動員し、再配置した。省委員会常務委員兼市委員会書記の譚作鈞氏が会議に出席し、演説した。市委員会副書記兼市長の譚成旭氏が司会に務め、かつ貧困から抜け出すについての習近平総書記の重要指示を伝えた。市人民代表大会常務委員会の肖盛峰主任、市政治協商会議の王啓堯主席が出席した。郝明副市長が上半期のわが市の貧困援助開発工作報告を行った。

 

    譚作鈞氏が上半期の全市における貧困援助開発工作を肯定した。彼が、「習近平総書記が貧困から抜け出す工作を重視し、何度も重要指示を出した上で、新時代においてどのように正確に貧困から抜け出し、どのような貧困から抜け出すのかという重大な理論と実践の問題を深く述べた。貧困から抜け出すことに方向を示し、根本的な準拠を提供してくれた。全市における各級の党委員会、政府は習近平総書記の重要指示精神を徹底的に学んで、党中央、国務院及び省委員会、省政府の政策と配置に従い、責任感、使命感と緊迫感を更に強め、わが市が貧困から抜け出すために直面している情勢を十分に認識し、貧困から抜け出すを一つの重要な政治任務とし、力を入れ、困難を克服し、貧困から抜け出す工作を着実に前進させる。」と指摘した。

 

    譚作鈞氏が、「各地区、各部門、各団地は目標・任務に焦点を合わせ、問題を指針とし、正確に対策を実施し、目標の方向に向かって力を出し、期限通りにわが市における低収入の村に対して貧困から抜け出すことに勝つことを確保する。一つ目は産業のリードを強化し、現地の資源に基づき、その土地に合わせる発展計画を立ち、主要・特色産業を大きくにし、農業生産構造を調整し、最善化し、農村市場システムを完備させ、農民の収入を増加させるために持続的な動力を提供しなければならない。二つ目はインフラ建設を強化し、「四好農村路」基準に基づいて村までの道路を建設し、農地水利施設の建設を強化し、農村安全飲用水工事を大いに実施し、農村送電網の改造を加速し、情報ネットワークを完備し、絶えず農民の生産・と生活の水準を向上させる。三つ目は教育・就職援助を強化し、基礎教育に力を入れ、職業教育を重点とし、各教育資金援助政策を実行し、貧困の「世代間の伝達」を断固として阻止しなければならない;移動就職と創業のサービスを強化し、出稼ぎ労働者が故郷に帰て創業するように励ますし、現地の農民の収入を増加させる。四つ目は最低保障援助を強化し、民生保障の安全網を作り、動態監視を強化し、動態管理を実施し、保証すべきのに対して保護を尽くすようにし、政策の「最後の道」の役割を発揮しなければならない;医療救助の援助を強化し、病気による貧困、病気による元の貧しい状態に戻る問題を解決するために力を入れる。」と強調した。

 

    譚作鈞氏が、「上下連動、力を合わせて協力を堅持し、貧困との戦いに勝つ強大な力を合わせなければならない。党の指導を堅持し、党政の主な担当同志が総責任を負い、市の貧困援助開発指導グループの事務室はしっかりと統一して協調しなければならなく、各メンバーの部門は各の職務を果たし、それぞれの責任を負うべきで、村級の党組織は戦闘堡塁の作用を発揮し、村に派遣させた第一書記と村に派遣させた工作チームが第一線に行き、自発的に働き、援助の効果があるのを確保しなければならない.」と強調した。

 

    政府と社会の各方面の力を動員し、定点の援助を強化し、政府資金の指導作用を発揮し、もっと多くの社会力が参与するように引きつけ、貧困から抜け出すための資金の多くのルート、多様な投入構造を形成しなければならない。退出標準を厳しくにし、当市における低収入村の貧困から抜け出すの十条の標準を厳しくにし、順番に「退出してゼロにならせる」にし、戸ごとに登記を取り消す。監督・審査を強化し、継続的に規律を粛正し、貢献を激励し、貢献しないのを粛正し、貧困の分野における不正な作風と腐敗現象を絶対に根絶しなければならない。

 

    会議では、普蘭店区、瓦屋店市、荘河市と市交通局の担当同志が交流発言をした。

 

    市委員会常務委員、市政府指導者のメンバー、各区市県、開放先導区党政の主な担当同志、市農村貧困援助開発指導グループのメンバー部門及び関連部門の担当者が主会場に参加した。一部の区市県に支会場を設けた。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved