DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連市上海商会が成立
大連市上海商会が成立
2018-09-11

    上海・大連の連携作業の一つとして、大連市上海商会が昨日正式に成立された。初回の会員大会及び成立大会が大連国際金融センターにて開催され、約百名のメンバー事業体の主要代表が出席し、上海・大連の連携発展の計画を共同で検討した。選挙により、上海浦東発展銀行株式有限公司大連支店党委員会書記兼頭取の董軍氏が大連市上海商会の初任会長に就任し、中国太平洋財産保険株式有限公司大連支店などの12社の企業が副会長事業体となり、中国銀聯株式有限公司大連支店が監事長事業体となり、上海建工グループ大連建築工事有限公司が秘書長事業体となり、通聯ペイメントネットワークサービス株式有限公司大連支店などの12社の企業が理事事業体となった。

 

    大連市上海商会は上海籍の個人或いは法人が大連市で投資登録した企業が自発的に組成された業界性、地方性、非営利的社会団体であり、商会の登録管理機関は大連市民政局であり、党建設リード機関は大連市経済連携交流事務室である。大連市上海商会は全国の上海商会の28軒目である。

 

    上海・大連の連携を深く推進し、政府のリードの元で両市商会の連携と交流を強化するのが重要な仕事内容である。業務主観事業体である上海市政府連携交流事務室の承認により、浦東銀行大連支店をリーダーとし、上海建工グループ大連建築工程有限公司、中国建設八局大連建設工程有限公司、中国東方航空株式有限公司大連営業部、大華グループ大連花錦不動産有限公司、大連緑地不動産有限公司と上海三菱エレベータ有限公司大連支社などの6社の企業を発足企業とし、大連市上海商会の成立を取り組んだ。

 

    100日間の高効率で秩序がある取り組みを経て、会員大会が開催される直前まで、取組委員会が100社以上の入会意向を届き、その内民政部門の要求に基づいて紙質書類を揃えた企業が93社、民生部門の最低50社の会員企業、7社以上の発足企業の進出要求を満たした。申告した93社の会員企業の中に、国有或いは国有持ち株企業が23%、民営企業が77%を占め、金融、不動産、製造業、文化観光、コンサルティングサービス、物流などの20種以上の業界をカバーし、一部の企業の親会社は全国性の上場企業であり、経営実力が強く、社会影響力が大きく、大連市上海商会の健康的な発展、商会企業の間の資源共有に堅実な基礎を築いた。

 

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved