DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
わが市初めての農業産業化連合体開業成立
わが市初めての農業産業化連合体開業成立
2018-09-04

    9月4日、わが市の現代農業発展はまた堅実な一歩を前へ進んだ。大連始めての農業産業化連合体大連薪豊落花生産業化連合体は、金普新区三十里堡大通り梨樹溝村に開業して成立した。紹介によると、長所を取り入れ短所を補って、優位性の相互補完を通じて、連合体はわが市の農村産業振興を推進する新しい突破口、及び農村一二三産業の融合発展を推進する新しいルートになる。

 

    大連薪豊国際工業貿易有限会社はわが市における落花生加工や輸出を主とする農業産業化の先頭企業で、品質優良、かつ保障のある落花生原料を獲得し、コストを下げ、土地生産の落花生市場占有率と競争力を向上するために、市農村委員会の指導の下に、企業が大連金普新区梨樹溝薪豊土地株式糧経栽培専門協同組合や大連墨盤滕村土地株式農業専門協同組合などの8つの協同組合と1つの家庭農場、及び大連理想食品科学技術有限会社などの3つのサービス型企業と連合し、大連薪豊落花生産業化連合体を成立した。連合体の各メンバーの間には分業協力を前提とし、規模営業を元とし、利益連結を絆とし、産業チェーン上に各経営主体が各々で奮闘する局面を良く解決した。メンバーの間に長所を取り入れ短所を補い、優勢を相補し、共同に発展する。先頭企業が良くできないようなことを家庭農場に任し、例えば、生産の流れである。家庭農場がやると割に合わないようなことを協同組合に任し、例えば、農業生産サービス部分である。家庭農場と協同組合がやれないようなことを先頭企業に任し、例えば、落花生製品精密加工、ブランド構築、市場開拓などである。「会社+農民協同組合+家庭農場」という組織モデルは、各種類の農業新型主体に自身の優勢を十分に発揮させ、協同組合や家庭農場や企業経営の協同発展を促し、利益を共にシェアし、リスクを共に分担する利益共同体と運命共同体を形成した。

 

    農業産業化連合体の発展を推進するために、大連の実情を結びつけ、市農村委員会は市発展改革委員会や市財政局などの6つの部門と連合し、「農業産業化連合体を推進するについて実施意見」を発行した。2020年までに、全市における各種類の農業産業化連合体が25に達するように努力し、産業化連合体がわが市の農業現代化発展を牽引する骨幹力量とならせる。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved