DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連市漢方医病院の援黔専門家グループ...
大連市漢方医病院の援黔専門家グループが六盤水に行って仕事展開
2018-09-04

    「大連市六盤水市医療衛生扶貧協力実施方案(2018-2020)」を実行するため、大連市衛生産児制限委員会の2018年六盤水援助仕事計画と結合し、又は一歩進んで援助された地区及び部門の漢方医診療レベルを向上させるため、8月28日に我が病院の李戈副院長が引率した五人の専門家グループは、貴州六盤水地区へ援助仕事を展開した。

 

    専門家グループは8時間の航空便及び2時間余りの路程を経て、我が病院の一対一援助部門――盤州市漢方医病院についた。相手の病院指導者の案内で、援助小組は病院の新旧所在地を参観し、各臨床科室へ深く訪問し、病院や専科発展の具体的な状況を了解した。訪問が終わった後、病院の指導者は親切な会談を行い、病院発展や専科建設などの方面に対して検討を行い、両院今後の人材培養及び更なる協力に対して共同認識を達した。その後、李戈院長は「腫瘍病の漢方医治療概況」という全院範囲の講座を展開し、品質制御科の劉爽課長や看護部の瀋桐主任は援助された部門がまもなく迎える等級病院審査に対して専門指導を行い、脳病科の劉波主任やリハビリテーション科の張大偉主任は病室へ深く入り、病室を巡回する専科指導を行い、そして課室講座を行った。

 

    大連市衛生産児制限委員会の援助計画によると、今年我が病院は六盤水地区における漢方医適宜技術の押し広め仕事を担当し、8月29日に六盤水市第二人民病院で「大連市医療衛生援黔専門家グループ夏秋六盤水に行き及び基層適宜技術押し広め会」を主題とする漢方医知識育成会を催した。脳病科の劉波主任は「脳卒中後に飲み込み困難の識別と治療」と「目に針治療技術」、リハビリテーション科の張大偉主任は「大連市非物質文化遺産―蹺揉術」に相関する漢方医適宜技術について特集講座を行った。六盤水市各郷鎮の衛生院及び二級以上病院の骨幹医者と看護婦は合計300人余り今回の育成に参加した。育成で彼らは真剣に授業を聞いてメモをし、今回の育成を通じて伝統医学に対して新しい認識を持ち、育成の内容が基層病院で展開することが特に適合していると続々表示した。

 

    短い数日の援助仕事は、疲れたけれど、みんなは援助された部門の管理及び医療レベルが些か向上できると希望している。仕事を展開しているとともに、専門家グループも六盤水地区の盛んな発展の動力や援助された部門の医務人員の積極的かつ努力の仕事やる気を切実に感じた。今後に双方はお互いに勉強し、共同に進歩し、両地の漢方医薬事業の発展に各自の力を貢献することができることを願っている。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved