DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連市中心病院の乳腺外一科が成功に第...
大連市中心病院の乳腺外一科が成功に第4回大連夏季乳癌サミットフォーラムを開催
2018-08-20

  7月の大連は、山が青くて、海が紺碧で、真っ青な空で雲が流れている。この美しい季節で、第4回大連夏季乳癌サミットフォーラムは7月20日に大連の富麗華南山花園ホテルで盛大に開かれた。4年の過程を経て、このフォーラムはすでに次第に区域の影響力を持っている。

 

  全国からの100数名の乳腺科、放射線科の医師が今回のフォーラムに参加し、10名の専門家が特別講演を行った。内容は最先進的で、実用である。乳癌治療の策略、放射線治療の個体化、乳癌のホットな問題の思考、乳癌補助化学療法の共通認識と論争などを含む。

 

   まず、307病院の江沢飛教授が乳癌の治療策略について、経験、根拠に基づく実践、正確、知能などの面から詳しく述べ、乳癌の治療における人工知能の役割を高く評価することをめぐって講演を行った。北京大学腫瘍病院の胡永教授が50年余りの臨床実践に基づいて早期乳癌診断における画像比較の経験を共有した。山東省腫瘍病院の王永勝教授が「乳癌センチネルリンパ節生検の加減算」をテーマとして、センチネルリンパ節特に乳房センチネルリンパ節生検の重要な意義を述べた。上海交通大学医学院附属瑞金病院の陳佳芸教授が放射線治療の個体化原則を強調した。北京大学人民病院の王殊教授が乳癌の新しい補助化学療法の共通認識と論争について、文献と実験の結果を結び付けて深く解読した。観点は斬新で、独特である。福建省腫瘍病院の劉健教授がHer-2陽性乳癌の治療進展に対して精確に解読した。そして中国医科大学附属一院の滕月娥教授、ハルビン医科大学附属腫瘍病院の李志高教授、大連大学医学院附属中山病院の冀学寧教授、大連医科大学附属二院の李曼教授が乳癌のホットな問題について素晴らしい講演を行った。

 

  病例討論の段階で、大連市中心病院の乳腺外一科、大連医科大学附属第一、第二病院、大連大学医学院附属中山病院から5つの病例を提供し、それからサミットフォーラムに参加している専門家が相前後してそれについて観点を発表した。討論が盛り上がって、素晴らしいであった。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved