DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
国務院は都市軌道交通計画の建設を強化...
国務院は都市軌道交通計画の建設を強化するための新しい規則を制定する
2018-07-25

    近日、国務院の事務室は、『都市の軌道交通計画建設の管理をさらに強化することについて』(略称「意見」)を印刷し、新たな情勢の下で、わが国の都市の軌道交通計画建設の仕事について配置を行った。2003年9月に国務院事務室が発行した『都市の高速軌道交通建設管理の強化に関する通知』(略称「通知」)に比べ、「意見」は建設申告条件と建設中のプロジェクトのリスク管理を厳しくした。

 

    建設を申請する都市に対して、財政収入、地域総生産額の「ミニマム」を高めた。

 

    「通知」と比較し、「意見」は地下鉄やライトレール建設の申告に関する経済指標を高めた。

 

    地下鉄の建設を申告する面で、地下鉄の建設を申請する都市の一般的な公共財政予算の収入、地域総生産額の「ミニマム」はそれぞれ100億元、1000億元から300億元、3000億元に調整された。「通知」は、地下鉄を計画的に造営する都市の初期の旅客輸送強度について規定がない。しかし「意見」は、地下鉄を計画的に造営する都市の初期の旅客輸送強度は、毎日1キロあたり0.7万人を下回ってはいけないことを規定している。

 

 ライトレールの建設を申告する面で、ライトレールの建設を申請する都市の一般的な公共財政予算の収入、地域総生産額の「ミニマム」はそれぞれ60億元、600億元から150億元、1500億元に調整された。「通知」は、ライトレールを計画的に造営する都市の初期の旅客輸送強度について規定がない。しかし「意見」は、ライトレールを計画的に造営する都市の初期の旅客輸送強度は、毎日1キロあたり0.4万人を下回ってはいけないことを明確に規定している。

 

    建設プロジェクトに対する財政資金の投入は40 %を下回ってはならない

 

    『意見』は、都市軌道交通プロジェクト(路面電車を含まない)は、省級発展改革部門が国家に承認された都市の軌道交通建設計画によって、関連するプログラムに従って審査(確認)し、建設計画に入っていない項目は審査(確認)をしてはならない、市政セットの工事、路面電車、工事試験線、観光ラインなどの名目で規則に背いて地下鉄、ライトレールを建設するのを厳禁することを明確にした。すでに都市の軌道交通プロジェクトの建設を審査(確認)された都市は合理的に建設のリズムを把握し、プロジェクトの設計を最適化し、工事の建造費を合理的に制御し、工事総投資を有効に低減する。

 

    地下鉄、ライトレール建設の財政資金の投入比率、路面電車の審査について、「意見」は、地下鉄、ライトレール建設プロジェクトの総投資における財政資金の投入は40 %を下回ってはならない、路面電車のプロジェクトは、省級発展改革部門に審査(確認)されることを明確にした。上述の二つの面では、「通知」には規定を出していない。

 

    国家が統一的に計画し、省が総責任を負い、都市を主体とする

 

    『意見』は、部門間の共同連動監督管理機構を完備させ、国家発展改革委員会、住宅都市農村建設部などの関係部門は都市軌道交通規制データベースを確立し、情報の共有を強化し、ビッグデータなどの技術的な手段を運用し、監督管理レベルを向上させ、業界協会の役割を果たし、都市軌道交通建設計画の実施状況を速やかに把握することを明確に指摘した。

 

    責任の主体の面では、『意見』は、国家が統一的に計画し、省が総責任を負い、都市を主体とする原則を堅持し、関係部門と地方政府の責任を明確にすることを提出した。国務院の関係部門は、都市の軌道交通計画の建設活動に対する統一的な計画と指導を強化し、省級政府の関係部門は建設計画の実施に対して全過程の監督管理責任を履行し、都市政府はプロジェクト建設と本級政府の債務リスクに対して主体責任を負う。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved