ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 2018中国海外学生創業週が大連で開幕さ...
2018中国海外学生創業週が大連で開幕される

    6月29日、2018中国海外学生創業週が大連の世界博覧広場で盛大に開幕された。全国政治協商会議副主席兼中国科学技術協会主席の万鋼氏が開幕式に出席し、そして演説した。省委員会書記兼省人民代表大会常務委員会主任の陳求発氏が開幕式に出席し、省委員会副書記兼省長の唐一軍氏が開幕式に出席し、そして挨拶した。科技部党組織のメンバーである夏鳴九氏、省委員会常務委員兼市委員会書記の譚作鈞氏が開幕式に出席し、そして挨拶した。中国科学協会党組織のメンバーである宋軍氏、住宅・都市農村建設部科学技術委員会常務の李秉仁副主任、中組部人材局の高響鳴副巡視員、科技部トーチセンターの張志宏主任;及び教育部、人社部、欧米同窓会、中国科学院瀋陽分院の関連責任者、省指導者である王正譜氏、劉煥鑫氏、許波が出席した。市委員会副書記兼市長の譚成旭氏が開幕式の司会に務めた。市人大常務委員会主任の肖盛峰氏と市指導者である趙大光氏、熊博力氏、靳国衛氏が出席した。

 

    万鋼氏が演説で中国科学技術協会を代表して海創週の成功な開催を祝って、海創週に参加した海外の学生を歓迎した。彼が、「党中央は終始革新創業と人材工作を重視し、十九大報告は革新型国家の建設を加速させ、世界の優秀な人を集めて使って、国際レベルの戦略科学技術人材、科学技術リーダー人材、青年科学技術人材と高レベル革新チームを育成することを明確に提出した。習近平総書記は今年の全国両会期間と両院院士大会で海外人材と高レベルの人材が中国に来て創新・創業するように引きつけることに対して重要な配置を行い、明確な要求を提出した。革新が発展を駆動する戦略の深く実施、大衆創業万衆革新の絶えず推進に従って、中国の革新創業事業はかつてない新しい局面を迎えて、各種類の優秀な革新創業の海外留学人材とチームが絶えず出現し、万馬が一緒に飛び跳ねる盛況を呈しています。中国の事業は海外人材を必要とし、海外人材は中国の舞台を必要とし、中国科学技術界はすでに海外人材を迎えるために十分な準備をして、我々は積極的に海外の知能が国家にサービスする行動計画を推進します。海外留学生と創業の青年のために帰国して革新創業する舞台、援助と支持を提供し、海外華人の科学技術者が国にサービスするプラットフォームを創立し、海外華人の科学技術人材の知能の優位を十分に発揮し、もっと多くの海外の科学技術人材を団結し、凝集とサービスします。多くの青年人材が、海外留学者も含めて、時代のチャンスを十分につかんで、時代のチャンスを生かして、中国の革新創業時代の征途で自分の位置を見つけ、時代のリーダーになることを期待しています。我々は引き続き大衆創業万衆革新の発展を推進し、中国海創週の開催を引き続き支持し、多くの青年人材と海外留学帰国者のためにもっと広い創業空間を開拓し、もっと華麗な人生の舞台を創立しあげる。」と言った。

 

    唐一軍氏が挨拶で省委員会と省政府を代表して、海創週イベントの開催を祝って、遠い所から来た海外の学生を歓迎した。彼が、「海創週は海外の学生がを帰国して創業して報国するように引きつける重要なプラットフォームであり、革新創業を推進し、成果転化を推進する有効なキャリヤーです。現在、遼寧は実習近平新時代の中国の特色ある社会主義思想を徹底的に実施し、革新が発展を駆動する戦略を加速し、全面的な振興に力を入れています。省委員会、省政府は終始企業と資金の導入と人材の引きつけを振興発展を推進する『1期プロジェクト』として、全面振興人材サービスの三年間行動計画を実施し、『興遼英才計画』の重大プロジェクトを開始しました。『高精尖欠のガイド』を堅持し、人材環境が最も優秀の省を創出することに力を入れています。我々は国内外の高層人材の引きつけ計画を強力に実施し、財政援助、要素保障、成果転化、知的財産権保護などの政策支持を強化し、海外の人材導入ステーションとオフショア創業基地を設立します。海外の学生は遼寧省に才能を発揮することために良い革新環境、優遇な創業政策、良好な発展プラットフォームを提供し、遼寧省を人材の集まりの『鳳栖の地』、人材創業の「梦の家」になるよう努力します。我々は、広大な海外の学生が積極的に遼寧省の全面的な振興発展の実行に身を投じ、良い創業環境の遼寧省で創業し、夢を実現することを心から歓迎します。みんなは時代の流れに応じ、歴史のチャンスを把握し、帰国して創業して、遼寧省の人民と心を1つにして中国の梦を筑き、手を携えて振興の道に歩いて、より美しい明日を創りだすように望んでいます。」と言った。

 

    夏鳴九氏が、「十八大(中国共産党第十八次全国代表大会)から、習近平同志を中心とした党中央は、科学技術革新を党と国家の全体的な発展の中核的な位置に置いて、革新が発展を駆動する戦略を強力に実施し、世界の科学技術強国を建設する新しい征途を開きます。我々は世界の優秀的な人を引きつけて使って、世界の視野で計画して科学技術の革新を推進することを堅持し、最大限に世界革新のリソースをよく使って、全面的にわが国が全世界の革新での位置を昇格させます。海外の学生たちが強国の志、報国の心を中華民族偉大な復興の奮闘に溶け込んで、青春に後悔しない、使命に恥じないことを望んでいます。」と言った。

 

    譚作鈞氏が挨拶で大連市委員会、市政府を代表して、中国海創週の成功をお祝いし、海創週に参加した皆様のゲストと海外の学生に祝意をを表した。譚作鈞氏が、「中国海創週は大連で18回の开催に成功し、海外の学生たちが才能を発揮し、価値を実現し、祖国に力を尽くす絆となった。各方面の協力で、今回の海創週はきっと豊かな成果をあげると信じている」と述べた。譚作鈞は、「大連はオープンで包容的で鋭いい革新的な都市であり、現在、習近平の新時代の中国特色社会主義思想と党の十九大精神を深く勉強し貫き、産業構造の最適化の先行区と経済社会発展の先行区の建設を加速している。今、私たちは今まで以上に革新を渇望し、革新に頼り、今まで以上に人材を渇望し、人材に頼っている。より多くの優秀な海外学生が大連という夢のある都市で人生の理想を追求し、自分の価値を実現したいと心から願っている。我々は改革の深化と政策の最適化を継続的にやって、国内外の人材に革新創業に有利な環境を建設し、「夢を築く空間」を提供し、大連を本当に海外の学生各自がそれぞれ腕を振るって競争する場所になりさせ、希望、夢を達成する肥える土壌になりさせる。私たちは、将来の大連は、必ず革新的な都市、活気のある都市、希望のある都市であると信じている」と表明した。

 

    開会式に参加したのは、27ヵの国、地域からの603名の海外学子であり、中国の94ヵの都市からの414ヵの政府機関、科学研究院、高等学校、事業単位から1129名の代表であり、102社の国内外金融投資機関からの代表などである。

 

    開会式が終わった後、万鋼氏、陳求発氏、唐一軍氏、宋軍氏、李秉仁氏、高響鳴氏、夏鳴九氏、譚作鈞氏、王正譜氏、劉煥鑫氏、許波氏、譚成旭氏、肖盛峰氏などの指導者が共同で展覧会現場に来て、2018「市長カップ」大連工業設計大会作品展と「創響中国」大連ハイテクゾーンの黒科学技術製品体験展、創客嘉年華、大連革新設計展、手画地図などの展示項目を見学して、出展学生と深く交流し、彼らの科学技術革新成果と普及状況を詳細に把握した。

 

    知らせによると、今回の海創週は第19回海創週で、「英才を許容、中国で創業」のテーマを継承し、6月29日から7月1日にかけて大連の世界博覧会広場で行ったという。知能科学技術、クリーンエネルギー、生命科学、海洋科学技術、デジタル文創などの産業方向を中心に、200のハイテクプロジェクトをに招待して、プロジェクトのロード展覧に参加した。留学創業指導者サミット、創業孵化サミット、「創響中国」という大連ハイテクゾーンの知能による未来を創造する国際サミットなどの活動とプロジェクトのロード展覧、人材募集会、専門フォーラム、大連設計祭りなどの七つの主要な活動を有している。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.