ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 大連森林防火が十六年以来最も優れた成...
大連森林防火が十六年以来最も優れた成績を収める

    5月31日は2017~2018年度において大連市森林防火期間が終了した日である。十分に準備して「神経が引き締まる」の8か月余りの日々の当番を経て、全市における56名の森林公安、3000人以上の森林消防や護林隊員などの市、県2級森林防火指揮弁公室とそのメンバー単位、田舎の下部の作業員たちがついに全市の人々に夸りを持って優れた森林防火の「解答用紙」を提出することができた。

 

    森林防火指揮弁公室によると、2017~2018年度において大連市森林防火期間の間で、全市に発生した一般的な森林火災が4つ、その中に短時間で効率よく撲滅した比較的に影響が及ぼしている火災が1つであった。昨年の同時期に比べて、火事が56%減少し、及ぼしている森林の面積が78%減少し、損害の森林の面積が75.5%減少し、特にいくつかの重要な日付での火災が「0」で、この16年間の最も優れた成績であった。

 

    時間が最も長く、防火任務が最も重い森林防火期間

 

    2017年下半期において大連森林防火期間が平年より10日早くなった。2018年3月末までに、大連地域が極度に乾燥し、森林火災の保険指数が高くなっている。しかも、今年の春節、元宵節、清明節が短時間の間に相次ぎ到来し、そのため2月28日から全市が春季森林火災高いリスク期に入り、大連における森林防火スタッフが足を止めてちょっと休憩する時間もほとんどなくならせた。  

 

    偶然じゃない勝利

 

    幸いなことに、この春に時折雨が降ってきたが、大連の森林防火スタッフが受動的で「待つ、頼む、乞う」ことがなかった。長年以来、彼らが「プロでは、元のホウシャオシェンの魚、より後退巣」という理屈を動揺しなくて信じている。前に準備してきた森林防火スタッフのみんながいり、全力で対処する措置があり、後ろに雨雪天気があって、これこそ今年の防火期が「勝利」を収められた肝心な点である。大連が、市委員会、市政府の精確な指導のおり、工程化の総合管理を手段として、森林火災治理システムと治理能力の近代化建設レベルを全面的に向上させた。森林防火の下部装備の建設基盤を整備し、全市に比較的厳しい森林火災の警戒と監視、消防隊の指揮、支援保障システムをを築き上げていた。

 

    春節、元宵節、清明節などの森林防火の重要な日付で、各区市県(先導区)の党政のリードが森林防火の一線に行って、現場で指揮し、監督した。各ランクの党委員会、政府が本気で森林防火工作を重視したので、下部での防火責任の実行を強力に強化し、森林防火工作の効能を高めた。

 

    大連金普航空護林ステーションの航空護林の能力も大連における森林防火の高い効率を体現した。成立した第二年目であるが、大連金普航空護林ステーションが実際の火災で兵士を訓練して、兵士を使用するのを堅持し、森林火災を撲滅する「尖刀」の力を努力してつくる。今年、金普航空護林ステーションが、飛行訓練、空中巡回、消火任務が97回、飛行時間が213時完成し何度も早期に火災を発見して、迅速に撲滅した。全省の重要な森林火災の成功な撲滅に不可欠で重要な役割を果たした。

 

    全市民が参加する生態防衛戦

 

    今年の元旦から、大連テレビで毎日、わかりやすく、簡潔な「森林防火宣伝アニメ」を放送していて、テレビニュースや天気予報などの欄が毎日、森林防火の注意を転がり放送繰り返している。市委員会の宣伝部門が積極的に高いリスクに対応することに対して森林防火の宣伝を強化することを提出した。全市の各主流メディアが、ちょうどよい時期に森林防火の宣伝を始め、大連の各主流メディアがさまざまな形の森林防火公益宣伝を頻繁に放送し、強力な森林防火世論の攻撃を形成した。

  

    「緑の水や青山は金山銀山である」、マナーを守りながら山林と親しくして、生態建設の成果を見守ることがすでに大連の広大な幹部と大衆の共通認識になった。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.