ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 「大連演壇」が自由貿易港の建設を踏み...
「大連演壇」が自由貿易港の建設を踏み込んで探求する

    昨日、張遠軍中国人民銀行大連市中心支店頭取兼国家為替管理局大連市支局局長が「大連演壇」を訪問し、「自由貿易港建設の認識と思考」をめぐってリポートを行った。譚作鈞省委員会常務委員兼市委員会書記、譚成旭市委員会副書記兼市長、市人民代表大会常務委員会の肖盛峰主任が報告会に出席した。盧林市委員会常務委員兼常務副市長が報告会の司会に務めた。

  

    報告会で、張遠軍氏が金融の発展や自由港の建設、自由港の内包や時代のチャンスと大連が自由港を建設する全体構想および自由港建設の関連問題の思考の4つの方面から、自由貿易港の発展趨勢を詳しくて精確に分析した。彼が、「大連が思想的に仕事して、自由貿易港のを建設する改革任務を自発的に担って、港城一体化の自由港市を作り上げるのを目標にして、オフショア貿易とオフショア金融の発展を探求し、優勢産業との融合発展などの開放経験を探求する。」と提案した。リポートのデータが充実で、思想が深くて、分析が未来性があって、我々市の指導幹部が改革の革新意識をもっと強化し、経済発展の方法を変え、経済が向上させる新しい運動エネルギーを育成し、対外開放を深化させ、港城一体化の自由港市の建設を推進することに対して重要な意味がある。

 

    会議では、「中央、省委員会の方策により配置し、積極的に秩序があって自由貿易試行区の建設を進め、『一帯一路』の建設にサービスする高さから、自由貿易港の建設を申請するのを大連発展建設の長期計画にして、各方面の知恵を集まって、発展の青写真を描き、モデルチェンジの発展と革新の発展を堅固に推進し、今回の報告会をきっかけにして、実情と結びついて真剣に計画を考え、全体を計画・案配してからそれぞれの仕事を進め、向上心を持って、着実に取り組んで、遼寧の再度の全面振興の手本とリードの責任をよく果たし、力を尽くして新時代において大連の『両先区』のが新しい1章を書く。」と求めた。

    

    市委員会常務委員、市人民代表大会常務委員会、市政府、市政治協商会議指導チームのメンバー;市裁判所、市検察院、各区市県、開放先導区の主要な担当者;市が直接に管轄する或いは部分の中央・省が直接に管轄する企業・国家機関の主要な担当者などが報告会に出席した。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.