ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 大連商品取引所が継続的にOTCオプショ...
大連商品取引所が継続的にOTCオプションの試行に協力

 近日、大連商品取引所が「2018年大連商品取引所試行プロジェクト説明会」を催し、2018年OTCオプションを展開する構想、知らせの要求と具体的なプロセスを解読した。今年、大連商品取引所が更に試行の範囲を拡大し、支持の力度を増大し、会場内と会場外を組み合わさせ、関連産業の企業のためにもっと柔軟で、精密で、個性化のサービスを提供する。

 

 紹介によると、ここ数年、OTCオプションがすでに企業が先物市場を運用してリスク管理を行う1つの革新手段になった。OTCオプションが企業が需要を出すことができ、リスク管理会社、証券会社、銀行などの専門機関が製品をデザインすることができ、専攻化のサービスにより企業の個性化のリスク管理需要を満足させ、総合的に企業のリスク管理コストを下げる。業界の先導企業にとって、OTCオプションの製品が理解しやすく、リスクがコントロールことができるなどの「保険に似る」の特徴があるので、一定程度で企業が先物を利用してリスク管理を行う遠慮を取り除くことができる。中小企業にとって、OTCオプションが企業がチームをつくるために工夫することをしない状況で、先物市場に参与する目的をも実現することができらせ、企業が先物市場に参与するコストを下げるのに役立つ。

 

 2017年、大連商品取引所が21社の先物会社、5社の証券会社および、3社の銀行が42個OTCオプションの試行プロジェクトを完成したように助け、鞍鋼グループと華菱鋼鉄などの業界の先導企業のためにリスク管理サービスを提供した。

  

 2018年、大連商品取引所のOTCオプション試行プロジェクトが14の品種に及ぶ。ポリ塩化ビニール(PVC)などの3つの化学工業品種の一つの取引OTCオプションの最低現物量が1000トンまで達しなければならなく、粘結炭、コークスが10000トンまで達しなければならなく、鉄鉱石が20000トンまで達しなければなりません。化学工業品種の以外、試行サービスの対象が生産あるいは消費のプロセスの実体企業と求め、しかもこの企業の規模が試行の一つの取引OTCオプションの最低現物量の要求とマッチングしなければならなく、1社の実体企業が1つの試行プロジェクトに参与することしかできません。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.