ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 金普新区が党と政府機関の幹部が義務植...
金普新区が党と政府機関の幹部が義務植樹イベントに参加するのを展開

    4月20日、王強市委員会常務委員兼金普新区党工作委員会書記兼管理委員会主任、解学慧、李巍などの新区の指導者、および党と政府機関の幹部が共に200数人で、義務植樹イベントに参加した。彼らが、行動で郷里を美化し、金普にグリーンを植えた。

 

    今年、新区が3000万元を投資し、75万本の木を植え、1000ムーの森林を更新すると計画した。現在まで、すでに約35万本植樹し、半分近くの任務を完成し、5月末にすべて完成すると予想した。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.