ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 唐一軍氏:目標が具体化・任務が項目化...
唐一軍氏:目標が具体化・任務が項目化・工作が精細化に工夫して「着実に働きを重視し、執行を強め、実行をつかむ」行動が成績を収めるように確保

    4月2日から3日にかけて、省委員会の副書記兼省長である唐一軍が大連市に来た。無作為の視察方法で、前に挨拶しないで、固定的ではないスケジュールで、直接に下部と現場に行って、農村の隈々、企業の仕事場、プロジェクトの現場、科学研究機構まで行って、如実でうそ偽りがない進度を調べ、向かい合って難題を解決し、「着実に働きを重視し、執行を強め、実行をつかむ」行動の展開情況を調べた。

 

    視察の間、まず、唐一軍氏が県レベル地域の経済発展を連絡して指導する瓦房店市に来た。大連緑海農業生態園で、唐一軍氏がサクランボビニールハウスに入って、注意深く果物の生長ぶりを観察し、詳しく生産と販売の情況を尋ね、且つ企業が強力に特色ある優れで高い効率の近代農業を発展し、もっと多くの農家が収益を増やして金持ちにならせ、田舎が振興するのを加速して進めるように励ました。

 

    紅沿河原子力発電所、恒力石化(大連)有限会社とインテル半導体(大連)有限会社で、唐一軍氏がプロジェクトの現場と埠頭まで行って、企業が建設と発展するうちに出会う困難と問題を詳しく尋ね、「関連部門が調和力度を増大し、企業のために最も良い政策、最も良い環境、最も良いサービスを提供し、プロジェクトの建設が順調に進めるのを確保する。」と求めた。

 

    また、唐一軍氏が中国科学院の大連化学物理研究所、大連理工大学、大連融科蓄積エネルギー技術発展有限会社と中国華録グループ有限会社に来て、現場で企業の仕事場、重点実験室、協同創新センターと製品ホールを見て、創新創業、成果転化、人材育成と市場開拓など方面の情況を詳しく尋ねた。

 

    大連商品取引所で、唐一軍氏が取引ホールに入って、詳しく大口の商品に対する価格の動きを理解した。彼が、「大規模な取引所が大連に立脚し、遼寧をサービスし、先物市場が良い影響をもたらして動かさせる機能を効果的に釈放させ、もっと多くの本地以外の資源・要素が省内に集まるように引きつけらせ、先物市場のこの「金の飯茶碗」をしっかりと持っていて、大規模な取引所のこの「金の看板」をぴかぴかに拭いている。」と望んでいる。

   

    省の指導者と大連市の指導者である譚作鈞氏、李金科氏、譚成旭氏が視察に参加した。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.