ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 遼寧代表団が全体会議を開催し、政府工...
遼寧代表団が全体会議を開催し、政府工作報告を引き続き審議

 3月6日午前、第13期全国人民代表大会第一回会議に出席した遼寧代表団が住所で全体会議を開催し、李克強総理が行った政府工作報告を引き続き審議した。

 

 中国共産党中央政治局委員、楊潔篪国務委員、省委員会の書記、省人民代表大会常務委員会の陳求発主任、省委員会の副書記、唐一軍省長、瀋陽市の姜有為市長、大連市の譚成旭市長などが代表として発言した。

 

  楊潔篪代表が発言で、「過去一年間、遼寧省が全面的に習近平同志を核心として党中央の方策・配置を徹底的に実行し、それぞれの仕事が新しい進展・成績を獲得した。我々が習近平新しい時代の中国特色ある社会主義思想、特に新しい発展理念を主要な内容として経済思想を更に学習し貫徹して、経済社会の発展が絶えず新しい業績を収めるのを推進する。」と言った。

 

 陳求発代表が発言で、「次に、遼寧が十九大精神を踏み込んで学習し貫徹して、習近平新しい時代の中国特色ある社会主義思想を指導にして、全国両会の要求によって配置し、供給側の構造的改革を大筋にして、「一帯五基地」を建設するのを加速し、「五大地区発展戦略」と各分野の3年行動計画を踏み込んで実施し、経済が品質よく発展するのを着実に進める。」と言った。

 

 唐一軍代表が発言で、「我々が真剣に習近平総書記が遼寧の仕事について重要な指示精神を実行し、党中央に確定られる重大な戦略的計画の実施を全力にしっかりつかんで、新しい時代経済社会の発展のよいスタートを切るのを実現するのを確保する。更に対外開放を加速し、高い水準な開放で品質よい発展を推進し、全面的な開放で全面的な振興を引率、遼寧の「一帯一路」の総合建設試験地域と中国―中東欧「16+1」の経済貿易協力模範地区を創建し、遼寧自由貿易試験地域の建設を加速し、企業を誘致し資金を導入し、人材を引き付けて知恵を借る工事を強力に実施し、外国貿易が反発して良い形勢に向うことを強め、対外開放の新しい構造を加速して作り上げる。」と言った。

  

 譚成旭代表が発言で、「政府工作報告が以下のように強調した。改革開放が現代の中国運命を決定する肝心な点で、『2つの百年』の努力目標のを実現する肝心な点である。大連が十分に優位を発揮し、自由貿易試験地域の建設を加速し進めて、『一帯一路』の建設を深く溶け込んで、大連東北アジア国際航運センターの建設を多くの措置を採用し進めて、持続的に開放のレベルとエネルギー準位を高めて、遼寧の再度の対外開放で先駆者と手本になった責任を努力して果たす。」と言った。

 

 姜有為代表が発言で、「政府工作報告が全方位に対外開放の仕事をしっかりと行うことに対して明確な要求を出し、我々が徹底的に実行するのを真剣にしっかりつかんで、力を集中し、政策を強化し、措置を改善し、開放型経済を発展するのを瀋陽が全面的に振興する重要な取っ手として、対外投資と生産能力の協力を拡大し、外資利用の品質を高め、外国貿易競争の新しい優位を育成し、プラットフォームと通路を改善し、開放の体制・構造を革新し、力を入れて開放発展の新しい局面を作り上げる。」と言った。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.