ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 今年我々市の新型農村協力医療が一人当...
今年我々市の新型農村協力医療が一人当たり年間760元まで上げる

    われわれ市の衛生と計画生育工作が著しい発展を収め、健康大連の建設が全面的にスタートされ、医薬衛生体制を深化する改革が全面的に実施され、医療衛生のサービス能力と品質が持続的に強めて改善させ、人民健康と医療衛生のレベルが大幅に高める。市の財政衛生支出は37.54億元から59.75億元まで増加し、年平均12.32%増加する。衛生の総費用は227.62億元から316.93億元まで増加し、われわれ市のGDPを占める比重は3.25%から4.65%まで上がる。個人衛生の支出は36.60%から32.22%まで下がる。人口の健康レベルが著しくて高め、1人当たり予期寿命は80.82歳で、赤ん坊の死亡率は2.49%で、5歳以下の子供の死亡率は3.23%で、妊娠と妊産婦の死亡率は7.87/10万で、住民の健康素養レベルは16.32%で、住民の主な健康指標は全国、全省の平均水準より高いである。全市における住民が千人ごとに7.11の医療機関ベッドを持って、執業(補佐)の医者は3.11名で、登録する看護婦は3.88名で、それぞれ2012年に比べて17.4%、8.0%と19.1%増加し、医療・看護の比重は1.10から1.18まであげる。

 

    今年、われわれ市における新型農村協力医療(新しい農村協力医療)の政府補助基準は去年の550元から一人当たり年間580元に上げ、個人費用は180元で、今年新しい農村協力医療は一人当たり年間760元まで上げる。同時に、新しい農村協力医療は大病の保障力度を増大し、災難性支出を招く可能の大病に向って傾いて、40種類の価格がわりに高い医療保険乙種類薬品を新しい農村協力医療の保障範囲に組み入れる。

  

    今年、われわれ市が「インターネット+健康医療」のサービスを推進し、予約書留サービス、モバイル決済、検査報告書の査閲、商業保険のオンライン決算など手っ取り早いサービスを実現する。三級病院が全面的に予約診療サービスを展開し、実名制の書留を推進し、モバイル決済、検査報告書の自助プリント、査問を実現する。先天性心疾患の子供が手術治療の時、医療保険と新しい農村協力医療の待遇を享受する以外に1人当たり最高に1.5万元の救助を享受できる。

      

    二級公立病院と政府に属する下部医療医療施設が医学二重建設に参与するのを進め、医学二重にいる患者が秩序があって転院し、三級病院ごとの転院患者が同時期と比べて50%以上増加させる。22所の中心郷・鎮診療所のために医療設備を配置する。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.