ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 大連市障害者協会より第26国際障害者デ...
大連市障害者協会より第26国際障害者デー、2017第三回愛納公益コンサートは人民文化クラブでの無事閉幕を祝う

   2017年12月3日の第26国際障害者デーに、大連市青少年発展基金会主催、大連市文明弁、共青団大連市党委員会、大連市障害者連合会、大連第一高校八八OB基金会、大連愛納自閉症障害者総合サービスセンター協催の第三回愛納公益コンサートは当日夜7時に人民文化クラブで盛大開幕。心と音楽がうまく融合したコンサートは二時間を行われ、千名の観客に暖かく見守られる中で閉幕!

 

 大連テレビ局『蔡楊タイム・感謝』の蔡楊さんが本公益コンサートの司会に務めた。大連市党委員会宣伝部、大連市人大常務委員会、大連市文明弁、大連市障碍者連合会、大連市民政局、大連市青少年発展基金会などの責任者もコンサート会場で応援した。大連市テレビ局生活チャンネルの『都市直通車』が本コンサートのメインマスコミとして、準備から当日の状況、大連愛納自閉症サービスまで一週間の報道を続けた。

 

 本公益コンサート会場で愛納に入校している子供達により作られた手作り品のチャリティーコーナーと自閉症知識・ポスター宣伝コーナーを設けた。自閉症子供達が作ったクッキーやミルク飴が好評で、コンサートの休憩時間になると早くも完売した。本公益コンサートの収入およびチャリティーコーナーの収入はすべて自閉症子供達の職業育成と就職サポートに寄付する。また、本プロジェクトは2017年中央財政が社会サービス『自閉症障碍者社区保護就職能力向上』に民間機構の参入を支持した成果と続きである。

 

 2017年12月3日の第26国際障害者デーである。国連の国際障碍者人大会で今年の障碍者デーテーマを発表した。「すべての人に持続可能で回復力のある社会を構築(Transformation towards sustainable and resilient society for all)」。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.