ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 金普新区より「スマート金普」の国家戦...
金普新区より「スマート金普」の国家戦略への昇格を推進

   2020年末までに東北新型スマートシティ完成を目標に、国家級新区新型スマートシティ建設モデルとして作り上げる。

 

 昨日、「スマートシティ」をテーマとした会議が開催した。市党委員会市党委員・金普新区党工委書記・管理委員会主任の王強が司会に務め、中電科ソフト情報サービス有限公司「スマート金普」計画と新型スマートシティ設計理念について報告を受けた。王強より「新区関係部門は中電科ソフト情報サービス有限公司と一緒に、短い期間で協力し合い、「スマート金普」の国家戦略への昇格を推進した成果が現れた」と述べた。金普新区党工委委員・管理委員会副主任の李曉超,金普新区管理委員会副主任の張洪光が会議に参加した。

 

 中電科ソフト情報サービス有限公司より「スマート金普」のトップダウンデザイン、スマート健康、スマート教育提案を紹介し、これまで新区と二年間協力してきた成果を振り向き、新型スマートシティ理念について説明した。

 

 2015年12月、新区は中電科ソフト情報サービス有限公司と戦略提案契約を締結、2016年11月、『新型スマート金普の作り上げ協力意向書』を締結、今年2月、『大連金普新区スマートシティ設計提案』が専門家に評価される、今年3~7月、中電科ソフト情報サービス有限公司が専門家の意見に従いトップダウンデザイン案を改善し、第一期全体設計が完成、今年7月、『スマートシティの作り上げに関する沪連協力録』を締結、トップダウンデザインより「スマート金普」の目標は2020年末に東北で率先的に新型スマートシティを実現させ、国家級新区新型スマートシティ建設モデルとして作り上げる。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.