ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 4つの「金普ブランド」が全国へ
4つの「金普ブランド」が全国へ

   初回開放型経済新体制典型的な経験複写促進

 

   昨日、経済発展局によると、商務部、発展改革委員会など13部門より、初めて全国へ開放型経済新体制総合モデルの経験と方法を24種類促進した。金普新区の4つの経験が取り上げられ、国家級新区のトップとなり、12モデルの中でも優秀である。現段階で開放型経済新体制総合モデルは新区で著しい成果を獲得し、イノベーション制度を核心とする開放型経済新体制「金普ブランド」が全国に知られる。

 

   4つの経験とは「六つの一」プロジェクト(オールインワン改革)、特殊機能区共同開放規制、総合行政執行体制改革の推進、ビッグデータによる市場管理方式である。

「六つの一」プロジェクトとは国民経済と社会発展企画、都市と農村企画、土地利用企画、環境保護企画など各企画を全面的に融合した斬新な企画と管理体制である。辛苦は発展の現状に着目、いわゆる「六つの一」を核心となるオールインワンプロジェクトを実施。企画体系、空間デザイン、情報プラットフォーム、審査制度、責任制度、監督考課をそれぞれ標準化にすること。本改革をきっかけとし、新区の管理体制と実行規制の改革も全面的に展開し、最終的に「一つの企画、一枚の計画」でやり遂げることを実現させる。

 

   特殊機能区共同開放規制とは、新区より各開発区などの開発機構、社会資本に協力し、創立・イノベーション・融資などのプラットフォームを立ち上げ、国際基準の新管理体制を作り上げる。新区は投資誘致、制作制度、企画作成、基礎施設、サービス分野で各開発区のプロジェクト、基礎施設などの6方面の協力内容を確定し、決定と調整規制、実行規制を立ち上げた。これまで、共同開放規制の決定と実行制度の初期段階が完成し、現行プロセスへのつなぎも完成、改革効果が現れた。この方法で同質化競争を減らし、政策利点のシェアを促進でき、企業の発展障碍をなくした。機能区同士の共同解放、ともに発展することができる。

 

   総合行政実行体制改革は新区2016年より実施した総合行政実行体制改革である。新区は都市管理執行役割を核心とし、企画・環境保護・水・工商・食・薬領域の執行役割を統合した。四つの執行隊より担当する執行リストを街道執行隊が担当する施設、環境、園林、建物管理など計110件のリストへ統合した。四つの執行隊隊員も全部街道執行隊への所属変更で、執行役割と執行者の統合を徹底し、都市管理執行の地域管理を実施し、同一チームで管理する目標を実現できた。

 

   ビッグデータによる市場管理方式とは、ネットを生かした「スマート方式」である。新区は卸市場の観測結果を農産物市場、市場監督管理と市場監督管理局の間で共有するという農産物市場電子化システムを立ち上げた。位置情報開示を元に、市場監督管理統一GISプラットフォームの管理とサービス体系を立ち上げ、特殊設備監査、食品薬品監査、行政審査、スマート業務という全面的な電子化を実現できた。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.