ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 肖盛峰は市内における山林防火活動を検査
肖盛峰は市内における山林防火活動を検査

    10月5日に、大連市長の肖盛峰はわざわざ市内の山林防火活動を検査し、国慶節連休期間内に最前線で働いている都市山林消防隊員を見舞ってきた。国慶節と中春節の折りに、その上ちょうど中国共産党の第十九回全国人民代表大会が開催するに際して、山林の防火をきちんとすることは更に重要になっていると強調した。また、関係地区と部門は現在山林防火活動の厳しさと防火任務の困難さを十分に認識し、確実に強い使命感、責任感と危機意識を以て、「責任畑」と「主な陣地」を守って、山林防火安全網をきちんと構築すると主張した。大連市政府秘書長の駱東升は検査活動に参加した。

 

    肖盛峰は中山区、西岡区、沙河口区和甘井子区における山林防火活動を実地調査し、防火責任の定着、防火物資の準備、防火施設の建設、巡回検査・巡護と当番などの状況の詳細を了解し、山林防火の最前線で戦う多くの幹部と職員に対して心より誠意の満ちた挨拶をして、大連市の山林防火に対する貢献を感謝した。肖盛峰は秋に、乾燥して 森林火災保険の等級が比較的に高く、各級政府は全体から市内山林防火活動を厳しい政治的任務として把握し、尋常でない措置を取って、しっかりと確実によくできるため全力を尽くすべきと発表した。また、全面的に山林防火責任制度を定着させるため、各地区、各部門は山林防火の主体として責任を負い、組織・指導を強化し、各項目の防火責任と措置を確実に落ち着かせ、上級から下級へ、確実に「山や林に守る人がおり、責任を負う人がいる」と各級ごとに仕事体系を定着させるよう話した。

 

    そして、肖盛峰は市内において表面に現われていない山林防火の災いを展開させ、巡回検査の強度を大きくし、火元を厳しく管理し、野外での火気を厳しく制御すると強調した。「一番横方向と縦方向まで、漏れなく全面的に覆う」との要求に従い、全面的に守り、兵力を分けて守備に当たらせ、警戒を厳重にし、「予防を主とする」方針に則って、火元管理と制御を強くし、野外火元と可燃物管理をしっかり行い、火気の不正利用を厳格に取り扱い、盲点と死角なく、巡護と災いの排除・整頓活動をきちんとすると要求した。山林火災に対する緊急対応策を更に充実させ、山林火災保険に対する早期警報対応と消火指揮体系を健全にし、緊急対応策を定着させると強調した。24時間当番制度と上級管理制度を厳格に実施し、山林防火情報の報告を強化すると話した。各級山林消防隊は消火技能の演習を強化し、いつも待ち構え、火災があったら、迅速に対応し、大軍を投入し、科学で消火し、「早期から、小さい火災から消火する」との目標に達成し、中国共産党の第十九回全国人民代表大会が順調に開催するよう安全で安定した社会環境を構築するよう要求した。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.