ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 国慶節連休が始まっ2日目に大連への観...
国慶節連休が始まっ2日目に大連への観光客が51.28万人に達成

    昨日は国慶節連休が始まった2日目に、強い寒気の影響を受けて、気温は4℃ぐらい下がった。それに6級の大風が吹いたが、観光客の情熱は少しも影響されず、全市にわたって小さな観光ピークを迎えた。全市で国内外からの観光客は51.28万人に達して、同期比で11.67%の伸びであった。観光スポットの観光客は50.06万人に達して、同期比で6.58%上がった。チケットによる収入は2097.56万元で、同期比で8.66%伸びた。

 

    昨日、省内の短距離旅行と県跨ぎドライブをする観光客は相次いで大連市に旅行に来た。主要な各観光地で観光客でいっぱいで、その人数は大幅に伸びた。金石灘国家旅行リゾート、老虎灘海洋公園、聖亜海洋世界、森林動物園など各観光地で受け入れた観光客の人数は全て大幅に伸びた。主な星ランクのホテルの満室率は80%以上となっている。

 

    昨日、大連老虎灘海洋公園は早く観光ピークを迎えた。観光客は主に東北地区三省、内モンゴル、北京・天津・唐山、山東省から来たのであるが、江蘇省、安徽省、浙江省など華東地区からの個人旅行用車も明らかに増えた傾向が見られた。大連森林動物園も昨日観光ピークを迎え、その中、東北地区三省及び内モンゴルからの個人旅行者が主になった入園者数は10月1日に倍増した。昨日、大連市から海外への観光客もピークを迎えた。主な観光地はタイ、日本、東南アジアなどで、主に家族旅行であった。

 

    大連市旅游発展委員会は引き続き旅行市場に対する監督を強化し、人気観光地を現場で指導・検査した。大連市旅游質量監督管理所は駅の南北広場、中南路沿線、老虎灘海洋公園、星海広場和聖亜海洋世界での観光秩序を立ち会って検査した。検査結果によると、大連市の観光市場秩序は整然として、経営も基準にあって、サービス品質も明らかに改善し、観光客の文明旅行意識も明らかに向上したらことがわかった。検査中、旅行社とガイドの不正行為は発見しなかった。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.