ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 第9回BRICS首脳会議開かれる
第9回BRICS首脳会議開かれる

    第9回BRICS首脳会議が4日、厦門(アモイ)国際会議センターで開かれた。習近平国家主席が議長を務め、南アフリカのズマ大統領、ブラジルのテメル大統領、ロシアのプーチン大統領、インドのモディ首相が出席した。5カ国首脳は「BRICSパートナーシップを深め、さらに明るい未来を切り開く」とのテーマをめぐり、国際情勢、世界経済ガバナンス、BRICS協力、世界と地域の紛争問題などについて踏み込んで意見交換し、BRICS協力10年の道程を振り返り、開放・包摂、協力・ウィンウィンのBRICS精神を再確認し、一連の共通認識にいたり、BRICS協力の今後の発展のビジョンをまとめ、方向性を示した。

 

    午前9時50分ごろ、BRICS首脳は続々と会場に到着した。習近平は親切に出迎え、彼ら1人1人と握手を交わして集合写真を撮った。

 

    拡大会議で習主席は「BRICSパートナーシップを深め、さらに明るい未来を切り開く」と題して重要談話を発表。BRICS協力の歩んだ10年間の輝かしい道程を積極的に評価し、BRICS協力の第2の「黄金の10年」を切り開いて、BRICS協力が5カ国国民に幸福をもたらし、各国の人々に恩恵を及ぼすようにする必要性を強調した。

 

    習近平は、「BRICS協力が速やかな発展を遂げたカギは、以下のことにある。それは相互尊重・相互助け合うこと。手を携わって自国の国情に合うような道を歩くこと。開放包容・協力ウィンウィンという精神を持って、うまずたゆまず経済・政治・人文協力を推進すること。国際公平と正義を提唱して、ほかの新興市場国家と発展途上国と心を合わせて協力し、共に良い外部環境を作ることである。」と指摘した。

 

    習主席は「世界構造が深く複雑に変化する中、BRICS協力がなおさらに重要であることは明白だ。われわれは引き続き努力を重ね、BRICSパートナーシップを全面的に深め、BRICS協力の第2の『黄金の10年』を切り開くべきだ」と強調した。談話の中で以下の4点について触れた。

 

    (1)経済実務協力の推進に尽力する。われわれは貿易・投資、通貨・金融、コネクティビティ、持続可能な開発、イノベーション、産業協力分野で利益の合流点を拡大し、共に新産業革命のもたらす歴史的チャンスを把握し、実務協力の新たな分野と方法を積極的に探り、結びつきを強めて、BRICS協力体制の安定した長期発展を実現するべきだ。

 

    (2)発展戦略の連携強化に尽力する。われわれは資源・市場・労働力において優位性を誇る分野で各自の力を発揮しなければならず、共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う原則に基づき、発展政策と優先分野の符合点を探り、貿易・投資の大市場、通貨・金融の大流通、インフラの大連結という目標に向けて引き続き邁進し、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の実行を契機に、経済・社会・環境効益の調和ある統一を図り、連動式発展とあまねく広がる発展を実現するべきだ。

 

    (3)国際秩序のより公正で合理的な方向への発展を後押しすべく尽力する。われわれは多国間主義と国際関係の基本ルールを揺るがず奉じ、新型の国際関係の構築を後押しするべきだ。開放的、包摂的で、あまねく恩恵のある、均衡ある、ウィンウィンの経済グローバル化を後押しし、開放型世界経済を構築し、多角的貿易体制を支持し、保護主義に反対する必要がある。グローバル経済の管理改革を推進し、新興市場国家と発展途上国の代表性と発言権を上げて、南北発展の不平衡を解決し、世界経済の増長を推進することに新しいエネルギーを提供する。

 

    (4)人的・文化的・民間交流の促進に尽力する。パートナーシップの理念が人々の心に根を下ろし、BRICS協力がいつまでも活力を保つようにする。今年、5カ国の人的・文化的交流及び協力は全面的に広がり、豊富で多彩な活動が催された。こうした活動が経常化、制度化し、草の根に深く入り、多くの民衆に向けて、百花斉放の生き生きとした局面を築くことを希望する。

 

    習近平は、「過去10年は、BRICSが精力を集中し発展する10年で、引き続きパートナーシップを深める10年である。BRICS協力の歴史で、10年はただ始まりである。われわれは共に努力させ、BRICS協力が厦門から再度帆を揚げて遠洋に乗り出しを推進し、第2の『黄金の10年』を切り開いて、BRICS協力が5カ国国民に幸福をもたらし、各国の人々に恩恵を及ぼすようにする。」と指摘した。

 

    南アフリカ共和国のズマ大統領は、「新たな情勢のもとで、BRICS諸国はBRICSの戦略的パートナシップを深化し、メカニズムの構築を推進し、他の新興市場国および発展途上国との繋がりを強化して、共同の発展を求めていかねばならない。来年、南アフリカはBRICS議長国を務める予定で、次回のBRICS首脳会議の準備を全力で整え、BRICS協力の凝集力や影響力を高めていく。」と表明した。

 

    ブラジルのテメル大統領は、「我々5か国はBRICS協力の戦略的投入に力を入れ、全方位的なパートナシップを固め、5か国の発展に更なる原動力を注ぎ込む必要がある。また国際における発展・協力を強化し、グローバル経済ガバナンスを改善して、良好な外部環境を作り出すべきだ。」と表明した。

 

    プーチン大統領は、「我々は各分野の実務的協力を開拓・深化させ、BRICSパートナーシップが絶えず前進・発展するよう推進すべきだ。開放型の世界経済を構築するには、保護主義に反対し、包容的で持続可能な成長を推進しなければならない。また、協調を強化し、国際と地域の注目問題において建設的な役割を果たし、世界の平和と安定を共同で守る必要がある。」と表明した。

 

    モディ首相は、BRICS諸国は経済協力の潜在力を掘り下げ、より多くの実務的協力の成果を作り出し、多角的貿易体制を守り、人文交流を推進して、BRICS協力を民心に深く浸透させねばならない、と語った。

 

    各国の首脳は積極的に厦門会談を評価し、一致して会談に成立する各成果を実行するのに賛成し、BRICS協力を絶えず前へ発展するのを推進する。会談に参加する首脳は、南アフリカを来年のBRICS主席国の仕事をしっかりと行うように支持し、と表した。

 

    拡大会議の前に行われた首脳会議では、5カ国首脳は2017年BRICS安全保障問題ハイレベル代表会議の成果について報告を受けた。習主席は「数多くの新興国と途上国に対して、世界経済の大局からも、自らの発展の将来からも、われわれは保護主義をとらず、開放を堅持するべきだ。災いを他国へ押しつけず、多角的貿易体制を堅持するべきだ。ゼロサムゲームをせず、互恵・ウィンウィンを堅持するべきだ。国の安全と発展は依存し合っている。われわれは引き続き政治・安全問題について立場を調整し、共通認識を拡大し、協力を強化する必要がある。BRICSはいずれも重要な影響力を持つ国であり、世界や地域の紛争問題解決において建設的な役割を発揮するには、第1に国際法と国際関係の基本ルールを遵守する必要がある。第2に、多国間主義を揺るがず奉じ、国連憲章の趣旨と原則を断固として守り、平和の維持、平和の建設、衝突の防止及び制止における主要ルートとしての国連の役割を発揮する必要がある。新たな10年に入り、われわれはBRICS協力の成果を十分大切にし、尊重し合い、小異を残して大同につき、より緊密で包括的かつ堅固な戦略パートナーシップの構築に努力する必要がある」と強調した。

 

    会議は「BRICS首脳厦門宣言」を発表した。

 

    王滬寧、栗戦書、楊潔篪などは上述のイベントに参加した。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.