ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 『人質列車』は金普新区で撮影を開始
『人質列車』は金普新区で撮影を開始

    新区に構図を決める映画『人質列車』が、昨日いつまでも続く小雨で、新区文化広場で撮影を開始する式典と記者会見は開催られた。

 

    この列車に反テロを主要戦場にするストーリを述べて、われわれの人民子弟兵、人民警察が人民に対する忠誠、頑強な戦い意志と犠牲精神を展示する映画は、新区の企業の羊羊羊高科恵民集団は主な投資の発起人で、投資側はまた北京華誠大地投資集団、大連遠通集団有限公司、北京天道酬勤影業公司がある。映画の総投資は1.6億元で、2018年8月1日前後国内の映画館に上映られ、同時に海外に発行する。

 

    監督の尹哲、主演の余男、黄奕、保剣鋒、徐錦江、方青卓、許亜軍などは撮影を開始する式典と記者会見の上で見得を切った。金普新区党工作委員会の委員、宣伝部長柳金紅は撮影を開始する式典と記者会見に出席した。

 

    一つの大連金普新区で構図を決める映画として、その撮影は新区の対外展示のまた1つの窓口になって、全国の観衆に新区が人文環境の建設、経済発展などの方面に得た業績を展示する同時に、新区の文旅産業のために新しい発展の方面を開拓する。

 

    羊羊羊高科恵民集団は土地不動産、商業、食品加工、モノ・インターネット+、新販売などの分野で経営する集団化会社である。集団は積極的に別の分野での経営を探求し、所属の北京天道酬勤影業公司が映画とテレビの文化産業に邁進の先頭前衛で、文化産業に踏み込んで、中国の映画とテレビの文化の健康な発展の実行者である。『人質列車』は集団が投資する第一部のオンライン映画で、集団が新しい分野に進出するのを表した。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.