ホームページ > ニュース > 国内ニュース > 大連市党委員会全面深化改革領導小組が...
大連市党委員会全面深化改革領導小組が第20回会議を開催

    7月8日、大連市党委員会全面深化改革領導小組が第20回会議を開催した。会議では習近平総書記が中央全面深化改革領導小組第35,36回会議での重要演説精神を伝達し、わが市の実行計画を行った;「中共大連市党委員会・大連市人民政府の安全生産領域における改革発展の実施意見について」「大連市河・ダム長制度提案」が通った。遼寧省党委員会常務委員、大連市党委員会書記、大連市党委員会全面深化改革領導小組組長の譚作鈞が会議の司会を務めた。大連市党委員会副書記、市長、大連市党委員会全面深化改革領導小組副組長の肖盛峰が出席した。大連市人大常務委員会主任の里景瑞、大連市政協主席の李万才がが出席した。

 

    会議では習近平総書記の中央全面深化改革領導小組第35,36回会議での重要演説による改革試験地、改革協同は改革の中で重大な意義と作用を果たし、改革試験地と改革協同の基本要求、重点任務と実現ルートを明確し、全面深化改革のために行動指導を行う。我々は真剣に勉強するうえ、深刻に悟り、考えを解放し、大胆に実践することでわが市の全面深化改革成績を出す。習近平総書記の演説精神をそのまま考えと行動の統一性に応用すると伝えた。

 

    会議では、提案協同、実施協同、効果協同で改革を推進させる。提案協同を改革協同の前提とし、実施協同を改革協同のカギとし、効果協同を改革協同の試金石とする。各項目の改革は政策上で互いに補い合い、実施中に互いに促進、成果に互いに照らすように全面深化改革の最終目標へ力を発揮する。改革試験地よる全面改革へのモデル、突破と影響効果を与え、完成した任務を振り向き、改善を行う;未完成の任務について責任分担し加速させる;「三つの推進」改革と年度改革要点について確実に実施し、基準を決めて促進していくと強調した。大連市党委員会全面深化改革領導小組と各項目グループは責任意識を強化し、改革責任を細かく分担し、任務完成を促進していく。大連市党委員会改革グループは任務リストを作成し、指導と監督を行う。改革問題について即時に指摘して直す。

 

    会議では、「安全生産領域における改革発展の実施意見について」を作成し、習近平総書記の安全生産についての重要演説、指示精神、党中央と国務院が安全生産領域における改革発展重大戦略の重要意義を徹底する。各地区、各部門が仕事の重点を確実に実行し完成させる。人民の命と財産の安全を最優先に考え、安全生産責任制度と監督監査体制の改善、危険予知を高め、「安全を犠牲にする発展とせず」というレッドラインを断じて守ると強調した。各党委員会政府は安全生産領域における改革発展を重視し、党政同責任、一つの職務に二つの職責、同時管理、責任追跡、仕事内容の小分け、監督強化、安全生産を向上させることで、大連振興発展の有力な保障となる。

 

    会議では、河長制度は党中央と国務院が河湖管理における重大な決定である。習近平総書記の河長制度についての重要演説精神を徹底し、生命意識、大局意識、責任意識を高めて全力で大連の水環境の改善と水安全の保障を支えると強調した。また、党政同責任のもとで責任者を決め、担当河についての状況をすべて責任を取る。河やダムの保護に関する管理保護法案を作成し、河ごとに対策、ダムごとに対策の実施、「分類指導、湖別対策、個別対応」を徹底する。各部門の協力と団体意識を高め、合同作業で仕事をこなす。監督検査を強化し、完備した考課方法で責任追及する。河長制度を確実に実行させる。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.