DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
「レンタカー免除減税」関連優遇政策
「レンタカー免除減税」関連優遇政策
2020-09-04

    サービス業の小企業・零細企業、個人事業主のために賃貸料を免除する賃貸人はどのように「賃貸料免除減税」関連優遇政策を享受するのか。市税務局の担当者が回答した。納税者は、12366ホットラインにお問い合わせください。

 

    問:どの納税者が今回の「房土両税」減税政策を享受できるか。

 

    答:サービス業に従事する小規模・零細企業、個人事業主(業種を問わず)のために2020年に1ヶ月以上(1ヶ月を含む)の賃貸料を免除する賃貸人(自然人を含まない)は、今回の「房土両税」減税政策を享受することができる。このうち、「サービス業」と「小規模・零細企業」の定義基準は以下の通りである。

 

    サービス業の定義基準は、サービス業に従事する小規模・零細企業が課税サービスを提供して取得した売上高総額が全売上高に占める割合が50%を超える(2019年の売上高で計算すると、本数を含まない)。

 

    2020年1月1日以降に新たに設立された小規模・零細企業について、本年度に売上高がある場合には、本年度第1四半期から第4四半期までの売上総額を上記の方法により計算する。そのうち、2020年10月に2020年第2四半期と第3四半期の減税を申告する場合、2020年第1四半期から第3四半期までの販売総額で計算する。2021年1月に2020年第4四半期の減税を申告する場合、2020年第1四半期から第4四半期までの販売総額で計算する。売上高がない場合、暫時納税者の経営範囲に基づき判断する。

 

    上述のサービス業の具体的範囲は≪販売サービス・無形資産・不動産注釈≫(財税[2016]36号)に基づき執行し、具体的には交通運輸サービス・郵政サービス・電信サービス・建築サービス・金融サービス・現代サービス及び生活サービスを含む。

 

    小企業・零細企業の基準を満たしているかどうかは、「遼寧小企業・零細企業名簿システム」(http://xwqy.lngs.gov.cn)に登録して調べることができる。

 

    問:2020年8月にある会社がテナントと住宅賃貸契約を締結した時、住宅を借りる個人事業主のために当月の賃貸料の半分を減免しますが、今回の「房土両税」の減免政策を享受することができますか。

 

    答:できません。2020年の1ヶ月以上(1ヶ月を含む)の賃貸料を免除しなければならない賃貸人は、今回の「房土両税」減税政策を享受することができ、賃貸料の減免期間が1ヶ月未満または賃貸料の減免限度額が月全体の賃貸料未満の場合、今回の優遇政策を享受することができない。

 

    問:甲社はA、Bの2セットの不働産を対外賃貸して、そのうちA不働産は個人事業主に賃貸して、賃貸期間は2019年2月1日から2021年1月31日まで、賃貸料は年払い、2020年2月に再び賃貸料を徴収する時、疫病の発生状況の影響を考慮して、当該テナントの当月の賃貸料を免除する。B物件は賃料が免除されていません。甲社は2020年4月に第1四半期の「房土両税」を申告する際に、すでに大政発(2020)3号第4条に規定された「企業が家屋を賃貸する場合、第1四半期の不動産税、都市部土地使用税を半減徴収する」優遇政策を享受しているが、甲社が対外的に賃貸する2軒の不動産は今回の「房土両税」軽減政策を享受することができるか。

 

    答:テナントのために2020年中のある月の賃料を免除すれば、2020年第2四半期から第4四半期までの賃料免除物件の「房土両税」を半減して徴収することができる。この事例において、甲社が賃貸料を免除したA不動産は今回の「房土両税」減税政策を享受することができ、賃貸料を免除していないB不動産は今回の「房土両税」減税政策を享受することができない。

 

    問:2020年1月から10月まで、ある会社は不動産を自営業者に賃貸し、2月には当該自営業者のために1ヶ月の賃貸料を免除し、11月にはまた当該不動産をある大手企業に賃貸したが、今回の「房土両税」減税政策を享受することができるだろうか。

 

    答:個人事業主に賃貸され、2020年までに1ヶ月以上(1ヶ月を含む)の賃貸料が免除される不動産については、2020年第2四半期から第4四半期までの賃貸期間の月に「房土両税」を軽減することができます。このケースでは、同社が今回の「房土両税」減税政策を受けることができる税金の所属期間は2020年4月から10月までとなっている。

 

    問:市場(デパート)のレンタルカウンター、テナントはサービス業に従事する小零細企業と個人事業主で、今回の「房土両税」の減税政策を享受することができますか。

 

    答:住宅賃貸契約(カウンター賃貸を含む)を締結し、賃貸料に応じて不動産税を納付する場合、第2四半期から第4四半期までは賃貸分を半減して「住宅税」を徴収することができます。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved