DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
「秒審査」に続いて24時間「全時間」の...
「秒審査」に続いて24時間「全時間」のオンライン審査許可サービスを開始
2020-06-24

政務サービスの新たなニーズに対応し、行政審査・認可の効率をさらに高めるため、このほど、大連自由貿易エリア総合サービスホールは24時間オンライン審査・認可サービスを正式に開始した。これはオフライン24時間セルフサービスに続き、大連自由貿易エリアが開始したもう一つの重要なサービス措置となる。この政策を打ち出した当夜、85社の企業のオンライン申請を受理し、そのうち「標準化」方式で即時に審査・認可された企業は40社であり、そのうち新規設立企業は12社、変更企業は28社であった。現在までに、疫病の発生状況の影響を受けているにもかかわらず、今年に入ってから大連自由貿易エリアでは企業が3363社増え、市全体の企業登録の20%を占め、1日平均30社が自由貿易エリアに入居している。

 

   大連自由貿易エリアの24時間オンライン審査許可サービスは「3+1」シフト制モデルを採用し、3名の受理人員と1名の審査許可人員を組み合わせ、夜間の業務を中断することなく行い、業務時間の「全カバー」を実現し、審査許可効率を50%以上向上させることができる。管轄区内の需要がある企業は24時間オンラインで申請資料を提出することができ、バックオフィスの職員は申請に基づいてオンライン審査許可を行い、遠隔で業務を処理する過程で難問に遭遇した場合、さらにサービスホットラインに電話で問い合わせを行うことができる。

 

   ことしの4月1日は、大連自由貿易区は正式に『大連自由貿易区企業登記确認制実施意見』を出して、全国で率先して標準化手続き化を用いて行政確認制を全面的に実施し、企業登記は申告資料段階で標準文書を提供し、バックグラウンド手続段階で自動審査許可を実現し、エンドシステム段階でスマート確認を実現し、証書発行段階で即時取得を実現する。主体資格の登記は手動審査認可とは別に、企業の登記登記は「秒審査」を実現することができ、この革新措置は24時間オンライン審査認可サービスの実施のためにしっかりとした基礎を打ち立てた。

 

   遼寧自貿試験区大連エリアは2016年9月に認可を取得してから、新規企業数は2万8100社であり、認可前の4.86倍である、登録資本金は合計1兆3100億元で、認可前の6.7倍となる。 そのうち、内資企業は2万7800社で、認可を受ける前の4.92倍であった、登録資本金は合計0兆3000億元で、認可前の8倍である、外資系企業は認可前比170.5%増の376社で、登録資本金は4倍の81億3400万米ドルだった。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved