DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連自由貿易エリア投資分野が全国で率...
大連自由貿易エリア投資分野が全国で率先してシステム化・集積化審査認可監督管理の新モデルを実現
2020-06-04

    市場参入段階は手動審査認可と全面的に別れ、全過程の標準化、手続き化を実現し、企業登録は「すぐに取るべき」であり、「まだ条件を完全に備えていない」申請者は「不足を許容して受理」し、「承諾すれば証書を発行する」ことができる。監督管理段階「適合認証」・「分類監督管理」を実現し、総合監督管理・スマート監督管理・信用監督管理を実現する。 6月3日、大連自由貿易区は記者会見を開催しました、投資分野では、全国で率先して全市場主体をカバーする「審査認可に障害がなく、監督管理に妨害がない」審査認可と監督管理の新モデルの運行状況を実現し、これは大連自由貿易エリアの改革・革新業務が「ポイント」の改革から「面」の革新へ、「率先」から「リード」へ、投資が「利便化」から「自由化」へと全面的に邁進していることを示している。

 

 

    企業登録「秒バッチ」を実現する登録

 

    2019年7月に「企業登記確認制」を発表してから今年4月に「告知承諾制管理暫定規定」を発表するまでの間に、主体資格登記は大連エリアで行政確認制を全面的にカバーし、大連自由貿易エリアの登記登記が全面的に手動審査認可を離れ、標準化手続き段階に入ったことを示している。 行政管理行為、審査・認可事項、審査・認可過程などの段階を中心に基準を制定し、時間・手順・権限をコントロールできるようにし、審査・認可業務の「法による秩序・効率」を保障する。今後、企業は営業許可証を申請し、大連自由貿易区行政サービスホール窓口あるいは行政確認プラットフォームで自主申告を行い、企業の市場主体資格と一般経営資格をスマートに確認し、公示し、登録登記を完了し、工商行政部門は手動審査許可を行わない。確認後、営業許可証を登録窓口で現地で受け取るか郵送で受け取るかを選択することができ、セルフ・サービス端末機で即時に印刷することができる。これにより、企業発展の「早送りキー」が押され、さらに制度面では、「人を見て料理を注文する」、「仲介とカット」、「監督の盲点」などの窓口からの批判が効果的に回避された。

 

    入場を承諾すればその場で許可証を受け取る

 

    今年4月9日、大連エリアは「告知引受制管理暫定規定」を発表し、25の区級企業関連行政許可事項に対して「承諾即発給」を実行し、その他の47の区級企業関連行政許可事項に対して「許容欠乏受理」を実行した。「暫定規定」は、業界主管部門に対し、申請者の信用状況、市場リスク、承諾内容、監督管理力等の複数の要素状況を総合的に考慮した後、2ヶ月の期限内に、承諾状況に対する検査責任を履行するよう求めている。 「暫定規定」は招致者に便宜を提供すると同時に、招致者の責任についても要求を設け、申請者は提供された資料と申請書類の真実性、合法性、有効性及び完全性について責任を負うことを承諾しなければならない。企業が申告時に虚偽の資料を提出し、又はその他の詐欺手段を用いて重要な事実を隠蔽し、登記確認を取得した場合、登記機関は関連法律法規に基づき、登記を取り消す。また、違法・信用喪失の「ブラックリスト」制度を確立し、登記機関は1年以内に提出者が申請人又は共同委託の代表若しくは代理人である登記申請を受け付けない。

 

    監督段階は「大連弁法」を提供する

 

    今年4月27日、大連自由貿易区は「適合性認証サービス管理暫定規定」を公布し、「適合性認証」管理制度を構築した。監督管理段階における異なる審査・認可方式の平等な取扱いを解決するために「大連弁法」を提供する。同規定は、承諾事項の監督検査規範の告知に基づき、「適合性認証」基準文書を作成し、リスクポイントとキーコントロールポイントから適合認証リストを構成することを明確に打ち出した。「自己評価、付随認証、事後認証」等の3種類の認証方式を採用し、第三者会社が経営資格審査許可の承諾内容に対して「適合」認証を行い、認証が適合すれば経営が可能となり、監督管理部門は企業を「妨害しない」。業界管理部門は管理制度に基づき、デジタル化情報化手段により第三者の「適合認証」結果を抜き取り検査する。適合性認証は、中国国内で初めて第三者認証サービスを企業経営許可審査認可監督管理の過程に導入し、企業経営の自主権をさらに拡大し、期中事後監督管理を刷新、強化し、市場化・法治化・国際化のビジネス環境を構築する。

 

    投資自由化を促進する「分類規制」

 

    行政審査批准の自由化後、事中・事後監督管理は市場主体に対して「邪魔しない」状況で、どのようにして「第一線の自由化、二線の管理」を実現することができるのか? 4月27日、大連自由貿易エリアは「市場主体分類監督管理新モデルの全面的実施に関する指導意見」を発表し、大連自由貿易エリアの市場主体に対する総合監督管理、スマート監督管理、信用監督管理のカバーを初歩的に実現した。「指導意見」は、標準化をリードとし、スマート化をサポートとし、信用情報を基礎とし、「双無作為、一公開」を手段とし、第三者機関を補充とし、「認証適合」を参考とし、市場主体に対して分類級別監督管理を実施する。大連自由貿易エリアは信用中国、信用遼寧プラットフォームを拠り所とし、大連エリア市場主体信用情報プラットフォームを完備する、全ライフサイクルの信用情報ファイルを市場ごとに作成します、異なる類別の市場主体の信用等級に対して評定を行い、リスク等級に基づいて監督管理等級を確定し、リスクが高く信用が悪い企業に対して重点監督管理を行い、リスクが低く信用が良い企業に対して「双無作為・一公開」モデルに基づいて「無感監督管理」を行い、新興産業・新興業態に対して包容・慎重監督管理を行う。約束を果たさず、認証に合致しない経営、規則違反経営の企業に対しては誠実信用システムに組み入れ、誠実信用の「ブラックリスト」を構築し、法律違反者に対しては「剣を高くぶら下げ」、信用の良い企業に対しては「妨害しない」。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved