DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
大連自由貿易区、全国で率先して革新類...
大連自由貿易区、全国で率先して革新類課題入札募集新方法を打ち出す
2020-06-14

昨日大連自由貿易区から得た情報によると、同区は全国で率先して『大連区革新類研究性課題政府調達管理暫定弁法』を正式に発表した。この「弁法」の発表は、政府調達プロジェクトの自然人が入札できない状況を徹底的に変えると同時に、政府調達プロジェクトの入札を価格競争から品質競争に転換し、政府調達プロジェクトの入札の科学性、実効性、正確性を大幅に強化し、政府投資プロジェクトの品質の向上、政府財政資金の使用効率の最適化に対して、積極的な模範と指導の役割を果たす。

 

制度刷新は自貿試験区建設の核心任務である。政府調達プロジェクトにおけるイノベーション研究入札業務において、落札後に課題研究を開始し、質を把握するのが比較的に難しく、また法人入札をしなければならず、専門家や学者の積極性を制限するなどの実際問題に対して、大連自由貿易区は問題指向、需要指向を堅持し、この方法を研究、制定した。

 

同「弁法」は、科学研究・革新の全過程を入札段階に組み入れた。調達者は課題入札の実際のニーズに応じて、「開題」の2段階入札方式を採用することができる。第1段階入札は、主に各入札者が入札課題に対する研究指標、研究案、初歩的な研究成果などの内容についての「開題報告」であり、審査を経て少なくとも2社の候補入札者を選出する。第2段階入札では、代替入札者が完全な課題研究成果である「課題完了報告書」を提出し、審査員が審査を行った後、最終的に落札者を決定する。落札されなかった代替入札者に対しては,調達者はプロジェクトの状況に応じて一定の検討プラン補償を行う。補償基準は入札書類に明記する必要があります。この新しい入札イニシアチブのキーポイントは3つあります。1、自然人が入札できることです。2、入札募集は価格競争から品質競争に転換する。3、入札法の関連規定に合致している。

 

また、当該「弁法」は入札文書の内容を規範化し、問題解決報告の審査は実行可能性と革新性を優先的に考慮することを強調し、実行可能性が先行し、革新性が後続することを強調した。入札価格の確認方式、すなわち専門家によるレビューにより入札価格を確認することを明らかにした。 同時に、政府調達の公開入札金額基準以上の科学研究課題については、現地の関連規定に基づいて執行する必要があると強調した。

 

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved