DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
譚成旭氏: 大衆満足を基準とする 市民...
譚成旭氏: 大衆満足を基準とする 市民が楽に「暖い冬」を過ごさせる
2018-11-17

    11月15日午後から全市の気温が急激に下がり、気象部門によると、昨日、市街地の最低温度は1℃であった。午前中、譚成旭市長が一部の住民の家まで行って、無作為抽出に都市部の熱供給を検査した。彼が、「冬の熱供給は市民の日常生活と切実な利益に関わるとともに、市委員会、市政府が関心を持っている民生の大事である。各地区、各関連部門と熱供給企業が冬の熱供給を党の十九大精神を貫徹する実際の行動とし、人民を中心とする発展理念を徹底して実行する現実的な検査とし、大衆満足を第一基準として始終堅持し、情や心を込めて熱供給サービスの保障をしっかりと行い、広大な市民が楽に『暖い冬』を過ごさせなければならない。」と強調した。

 

    まず、譚成旭氏が沙河口区蘭玉南街45号1ユニット1階の関暁光氏の家に来て、今冬において団地の熱供給状況を調べた。関係者が温度計を出して測定し、室温が22℃であることを示した。「暖房を見に来るとは知らないで、朝、窓を開けてしまった。そうでなければ、部屋の中は今よりずっと暖かいである。」関暁光氏が譚成旭市長に言った。「今の室温によると、ここの熱供給は悪くないである。」譚成旭氏が頷いて、顔に安堵の色が浮んで言った。その後、譚成旭氏が二階の孟麗艶氏の家に来て、家の熱供給状況を尋ねた。団地のスタッフがよく家に来て温度を測定し、熱供給作業に対する住民の意見や助言を求めたと聞いた時、譚成旭氏が「下部が上級部門から任せる全ての任務を実施する。あなた達の仕事は大衆に直面し、党と政府が大衆と連絡する「第一線」で、皆が暖かくて冬を過ごすことを当面の重要な仕事として実施させ、常に住民の住宅まで訪問し、熱供給中に発生した問題と大衆の需要を直ちに真実に政府部門と熱供給企業に反映し、大衆に温かさをもたらさせ、文句を少なくさせることを望んでいる。」とその場にいた団地の幹部に言った。

 

    周囲に住民や大通り、団地の幹部が座っているのを見て、譚成旭氏がいっそ孟麗艶氏の家で「現場事務処理会」を開いた。彼が、「市政府が来年において実施する重点民生工事を決定している。一緒に商談し、どんどん提案してください。」と皆に言った。部屋ではどっと笑い声があがって、皆が言葉を交わして議論し始めた。

 

    検査が終わる時、譚成旭氏が、「全面的に仕事を強化し、サービスの品質を高め、安全上の潜在的な危険を取り除き、応急の事前案を制定し、良質、安定、安全な熱供給を確保しなければならない。苦情を言うルートをもっとスムーズにし、住民が反映した熱供給の問題を直ちに受理し、時間を限定する解決し、「1つの引き下げと2つの向上」を切実に行わなければならない。同時に社会的弱者層と都市の低所得家庭の熱供給を高度に重視し、党と政府の温かさを多くの家に送らせなければならない。」と関連地区、部門と熱供給企業の担当同志に言い聞かせた。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved