DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
譚成旭氏が省の連絡市の葫蘆島市と錦州...
譚成旭氏が省の連絡市の葫蘆島市と錦州市に行って学習・調査研究を行う
2018-10-25

    遼寧沿海経済帯に含める6つの都市の書記・市長連合会議の精神を貫徹するため、省委員会、省政府の「省級指導者が『三大区域』に含める各市を連絡すると瀋撫新区について工作計画」、『省級指導者が関連工作を連絡・指導・発起・担当することを調整・完備することについて通知』の要求に基づき、昨日、市委員会副書記兼譚成旭市長が相前後して連絡市の葫蘆島市と錦州市に行って学習・調査研究を行った。また、大連・葫蘆島と大連・錦州沿海経済帯開発開放建設座談会に出席し、習近平総書記が遼寧で考察した時と北東振興を深く推進する座談会での重要な演説精神を徹底的に貫徹し、沿海経済帯の建設を加速する構想と措置を研究し、検討し、そして困難を克服するように協力を強化し、協同発展を加速し、沿海経済帯の開発と開放がもっと高いレベルになるように共同で推進する。

 

    譚成旭氏が相前後して葫蘆島渤船重工有限公司、遼寧忠旺グループ葫蘆島アルミニウム工業園と錦州陽光茂迪新エネルギー有限公司、万得自動車電器産業園、浜海国家電子ビジネスモデル基地に行って調査研究した。彼が、葫蘆島市における軍民融合発展の実務的な推進、京津冀産業移転の受け入れ、国有企業改革及び錦州市における都市建設と管理の強化、太陽光発電産業と電子商取引産業の発展などの方面における成功経験とやり方を高く評価し、大連が真剣に勉強・参考するべきであると示した。

 

    座談会では、譚成旭氏が遼寧沿海における6つの都市の協同発展優勢プラットフォームを十分に利用し、大連と葫蘆島市、錦州市が重点分野における協力を強化することに対して3つの提案を提出した。一つ目は改革開放を堅持し、それをリードとすることである。共同で「一帯一路」の建設に参加し、京津冀及び環渤海地区との協力を強化し、経済協力発展の新しい構造を作り出し、協同して全方位の対外開放を推進する。二つ目は港と都市との連動を堅持し、臨港産業を発展し、港の発展能力レベルを高め、遼寧港クラスターを協同に建設することである。三つ目は政策の先導を堅持し、国家の政策を良くて十分に利用し、統一市場の形成、資源の合理的な配置と流動の促進、「クラスター」の発展に有利な政策措置を制定し、優良な発展環境を協同的に作り出すことである。

 

    譚成旭氏が演説で、「大連市と葫蘆島市は、市場所要、産業優先、重点突破、先には易いこと、後には難しいことという原則に従い、より広い範囲、広い分野、より高次でコミュニケーションと協力を強化し、『両先区』と北東アジア地域協力のセンターを共同で建設しなければならない。『三年計画』の目標を堅持し、実務かつ有効な協力で大連市と錦州市が共同で科学技術革新システムを建設すること促進し、両市における実体経済の発展を推進し、着実な措置で遼寧沿海経済帯の開発と開放が新しい段階を上がるようにを推進しなければならない。」と指摘した。

 

    葫蘆島市委員会の王健書記が座談会の司会に務めた時、「葫蘆島市が建設発展における大連の成功経験を真剣に学び、両市の交流協力を深め、情勢に乗じて力を借りて迅速に発展し、遼寧沿海経済帯の開発と開放を共同的に推進する。」と言った。錦州市委員会の王徳佳書記が座談会を行った時、「大連市ともっと広いかつ深い持効的な協力メカニズムを創立し、産業合作、企業誘致と外資導入などの分野で深く協力することを推進し、共に遼寧沿海経済帯の繁栄発展を促進する。」と示した。

 

    葫蘆島市の指導者である張海平氏、胡偉氏、錦州市の指導者である于学利氏、安錦香氏が活動に参加した。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved