DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
譚成旭氏が司会に務めて市政府常務会議...
譚成旭氏が司会に務めて市政府常務会議を行う 習近平総書記が宗教工作に関する重要な論述を貫徹 わが市における生態文明建設の各工作を深く推進
2018-10-22

    10月20日、市政府が第16期第23回常務会議を行い、習近平総書記が宗教工作について重要な論述を学び、全市の民族宗教工作報告を聞き、関連工作を配備し;わが市における生態文明建設の各工作を深く推進することについて再配置、再推進を行った。譚成旭市長が司会に務め、かつ話した。市政府指導者の温雪瓊氏、郝明氏、楊耀威氏、駱東昇氏、靳国衛氏、長興島経済区管理委員会の楊広志主任、市政府の衣慶燾事務総長が会議に参加した。

 

    会議では、「習近平総書記が宗教工作に関する重要な論述は、新時代において宗教工作をよくするために前進方向を示し、根本的な従いを提供した。新時代において宗教工作をよくする重大な意義を深く認識し、全面的に党の宗教政策を貫徹し、宗教工作の主導権をしっかりと把握し、ずっと宗教の中国化を堅持し、宗教界の人々と信教大衆をよりよく党と政府の周りに団結しなければならない。民族の宗教工作に対する組織と指導を強化し、民族団結進歩の宣伝教育と創建活動を深く発展するように絶えず推進し、民族農村の全面的な小康建設の歩調を速め、わが市の民族宗教工作が長期的に調和が取れて安定している良好な局面を絶えず強固にし、発展させらなければならない。」と指摘された。

 

    会議では、わが市の「緑盾」行動の展開状況が報告され、『中央環境保護監督検査、国家海洋監督検査のフィードバック意見の改善配置推進工作方案』、『大連市生態環境損害賠償制度改革実施方案(草案)』、『大連市秋冬大気汚染防止対策工作対策』が審議され、許可された。また、習近平の生態文明思想を断固として徹底的に実行し、国家七部委の『「緑盾2018」自然保護区の行動を共同で展開するに関する通知』の要求に従い、責任を明確にし、スケジュールを最後からアレンジし、時間ノードに従ってわが市の自然保護区の違法・反則問題を厳しく改善すると強調される。

 

    監督検査改善工作の重要性と緊迫性を深刻的に認識し、思想認識、改革実行、問責が実施されるようにさせ、指導と配置を強化し、問題に焦点を合わせ、精確に力を入れ、国民の世論を聞き、監督と処理を強化し、事実に基づき、如実に改善し、紛れもないように各の改善任務を完成しなければならない。責任が明確で、ルートが順調で、技術が規範で、保障が有力で、賠償が適切で、修復が有効な生態環境損害賠償制度を創立することにより、生態環境を強力に保護し、人民大衆の環境権益を切実に保たなければならない。ホコリの対策、わらの焼き止めなどの仕事に力を入れ、源の管理、監督と処理を強化し、秋冬において大気汚染の対策をしっかりと行わなければならない。

 

    会議では、わが市における農村環境地域治理プロジェクトの建設状況に対して監査調査結果の改善状況を聞き取られ、農業に関わる地区と関連部門が改善工作を重視し、職責を明確にし、改善時間を厳格に制限し、各改善の任務を一つずつ実行させると要求された。

 

    また、会議では『大連市都市生活ゴミ分別標準、モデル通り実施方案』、『大連市都市生活ゴミ分別工作審査方法』、『大連市農村生活ゴミ管理実施方案』、『2018-2019年度暖房期間賞罰方法』を審議され、許可され、そしてその他の事項を検討した。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved