DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
譚成旭氏が司会に務めて特別会議を開催...
譚成旭氏が司会に務めて特別会議を開催し、わが市のワクチン生産と流通の監督を強化する
2018-07-30

 

 

    譚成旭氏が司会に務めて特別会議を開催し、わが市のワクチン生産と流通の監督を強化する

 

    吉林長春の長生生物ワクチン事件が発生した後、市委員会、市政府が高度に重視して、直ちに手配した。7月23日に主題会議が開催された後、昨日の譚成旭市長が再び司会に務めて会議を開催して、習近平総書記が吉林長春長生生物ワクチン事件に対する重要指示精神と李克強総理の指示要求を学んで伝達して、市衛生産児制限委員会、食品薬品監督管理局などの部門の報告を聴取して、本市のワクチン生産と流通の監督管理を一層強化した。温雪瓊副市長が会議に参加した。

  

 譚成旭氏が、「習近平総書記の重要指示と李克強総理の指示は、人民を中心とする発展思想を十分に体現しており、党中央、国務院が人民大衆の生命健康と安全に対する高い重視と人民大衆の利益を守る決意を体現しています。我々がまじめに学んで理解して、思想認識を深化して、人民大衆の健康を始終第一にして、党中央、国務院の仕事部署と省委員会、省政府の仕事要求に従って、強烈な政治担当と人民大衆に対して高度に責任を負う鮮明な態度で、より有力で、有効で、的確な措置を採用して、ワクチン生産と流通の監督管理を切実に実行して、ワクチンの安全アンダーラインを断固として守らなければならない。」と指摘した。
 

 譚成旭氏が、「わが市のワクチン企業は薬品の安全主体の責任をいっそう明確にして、GMP、GSP規範を厳格に守って、すべての生産、配送過程のデータが真実、完全、追跡可能であるように保証すべきです。市食品薬品監督管理局は『一つの事から類推して多くの事を知って、全面的に調査して、1つずつ調べて、徹底的に調べる』という原則に基づいて、ワクチン生産企業の原材料、生産、検査などの環節に対して全プロセス、全チェーンを徹底的に調べて、ワクチンの貯蔵と運輸の一環に対する監督管理を更に強化すべきです;衛生産児制限部門が予防接種工作の衛生監督を強化して、本当に死角を残さず、盲区を残さず、空白を残さずように取り組んで、わが市のすべてのワクチンの合格安全を確保しなければならない。大衆の関心に直ちに応じて、真剣に疑問に答えて解決して、科学的な世論ガイドを積極的に樹立しなければならない。」と強調した。

 

    譚成旭氏が、「政府関連部門が政治の意識を高めて、切実に職責を履行して、始終に人民の立場に立って、習近平総書記が提出した『最も厳格な基准、最も厳格な監督管理、最も厳しい処罰、最も厳粛な問責』の要求に従って、厳格で着実で詳細的に各仕事をしっかり把握して、ワクチンの生産と経営の行為を規範にして、いかなる時も監督管理をゆるめない、一環漏れない、基準が降下できない、法律執行が軟らかくて、実際の行動で公衆の薬品使用の安全を守ることをやり遂げらなければならない。」と求めた。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved