DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
譚成旭は新疆生産建設兵団第八師団石河...
譚成旭は新疆生産建設兵団第八師団石河子市党政代表団と会談
2018-07-23

 このほど、新疆生産建設兵団第八師団石河子市党政代表団は、大連へ視察し、対口支援や産業協力の促進などについて交流を深めた。7月20日、市委員会副書記、市長の譚成旭は、棒援、促进产业合作等进行交流。7月20日,市委副书记、市长谭成旭在棒棰島ホテルで代表団と会談を行い、習近平総書記が新疆に関する重要な指示の精神と、第六回全国新疆対口支援会議の精神を貫徹し、対口支援を深化する新方法を探る検討をした。

 

 譚成旭は市委員会、市政府を代表し、大連へ視察に来る代表団に対し歓迎の意を表した。彼は、新疆の対口支援は党中央、国務院の重要な戦略決定である。大連市委員会、市政府は、常に対口支援が、なすべき重要な政治的任務として、責任を持って、感情を注ぎ、大連の実際を結びつけ、自身の優位性を発揮し、全方位、多段階、広分野での協力交流の仕事レイアウトを完備させ、八師石河子市の経済と社会の発展を推進するよう努力し、積極的に貢献するべきであると話した。

 

 譚成旭は、八師石河子市は国境建設を強化し、克境の安定維持などにおいて、重要な役割を果たし、多くの経験とやり方は我々が参考にするべきことだ。大連市委員会、市政府は、習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想を指導にし、中央が新疆の業務に対する新たな考え方、新たな配置、新たな要求を真剣に徹底し、「輸血」と「造血」の結合、ハードウェア建設とソフトウェアの建設を兼ね備えることを堅持し、科学的に対口支援そ計画し、産業プロジェクトにの支援を強化し、大連と新疆の幹部人と材交流を継続的に推進し、さらに対口支援の精確性と実効性を向上させ、革新メカニズムを通じて、協力を深め、優勢の相互補完でウインウインを実現するよう努力するべきであると話した。

 

 会談では、新疆生産建設兵団第八師団石河子市の党委員会書記、八師政委書記の董沂峰が、大連市委員、市政府及び大連人民の無私援助に対し、感謝の意を表した。彼は、大連市委員会、市政府は八師団石河子市の対口支援の仕事を経済と社会の発展の大局に組み入れ、力に入れて、新方法で確実に実施し、明らかな成果を上げられ、現地の幹部と大衆の称賛を得た。我々は、真剣に改革開放の中における大連の貴重な経験を学び、さらにお互いの協力交流を深め、実際の業績で大連人民の深い感情に報いると話した。

 

 遼寧省が援疆への対口支援業務の総指揮官の楊軍生、副市長の靳国衛、市政府秘書長の衣慶焘、八師石河子市幹部の劉林、李建偉、林艾民、劉新銘、冀暁彤などが会談に参加した。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved