DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
譚成旭氏が司会に務めて会議を開催し ...
譚成旭氏が司会に務めて会議を開催し わが市のサクランボ産業の発展について工作を研究し配置する
2018-07-18

   大連は独特な地理位置と気候条件で中国乃至全世界のサクランボの最も良い栽培地区の1つになり、全市のサクランボの栽培面積と生産量はそれぞれ全国の14.3%と25%を占めている。昨日、譚成旭市長が司会に務めて会議を開催し、専門家や学者及び関連部門、部門の担当同志と一緒に、わが市のサクランボ産業の発展を研究した。郝明副市長が会議に参加した。
 

   会議では、市農業委員会の担当者がわが市のサクランボ産業の発展状況を報告し、大連民族大学生命科学学院の専門家、順豊速達、京東グループ大連地区の担当者、郵便局、ビジネス局、科技局、市委員会宣伝部と文広局の担当同志が相次いで発言した。皆は優良品種の栽培と普及、農村電子商取引の発展の推進、「速達+農産物」モードの完備、科学技術の革新の促進、ブランド宣伝の普及力の強化などの面から、わが市のサクランボ産業の発展に的確な意見と提案を提出した。譚成旭氏が聞きながら記し、しば言葉を差し出して尋ねた。「大連の電子商取引と速達業の発展の短所はどれらがありますか?」、「サクランボの栽培面積を拡大するルードは何ですか?」、「どのようにわが市のサクランボの知名度を高めることができますか?」……譚成旭氏がこれらの問題についてみんなと深く交流し、彼が、「関連部門がわが市のサクランボ産業の発展を制約する各種類の問題をはっきり把握し、一つずつ整理し、目的に見えり、探り、評価でき、実効がある具体的な措置を制定し、スケジュール、任務表を書き並べ、責任部門を明確にして、厳格、詳細、着実の作風で一項ごとに実行をしっかり行います。」と求めた。

 

   市の指導者がサクランボ産業の発展に対してこんなに関心・重視して、この現象は参加者の議論を引き起こした。これに対して、譚成旭氏が懇ろに、「我々は役人として一方を幸せにするべきで、サクランボ産業は大連の「金飯碗」であり、農業供給側の構造的改革を推進する重要な措置で、農民の収入を増加して幸せにして、農村の活力を増強する有力な取っ手です。方向を見据え、目標を認定した以上、われは着実に、終始を全うし、実行を成し遂げ、都市の発展に全力を尽くし、職責を果たして、責任を担って、広大な市民の信頼と依頼に背かないべきです。」と言った。

 

    会議では、譚成旭氏が、「サクランボ産業の発展を推進することに対して具体的に配置し、産業の位置付けを更に明確にし、サクランボ産業の発展の三年計画を科学的に制定し、産業チェーンの高度融合を促進します。メディアを十分に活用し、サクランボ産業の宣伝活動をしっかりと取り組んで、「大連サクランボ」の物語を話し、「大連サクランボ」ブランドを歌います。部門連動を強化し、職責分業を明確にして、協力を強化し、スケジュールを把握し、わが市のサクランボ産業の良質かつ高効率な発展を推進すべきです。」と求めた。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved