DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
譚成旭氏が日本関西地区の訪華団を会見...
譚成旭氏が日本関西地区の訪華団を会見する
2018-07-18

    昨日、駐大阪中国大使館の大使兼総領事の李天然氏、大阪府議会の日中友好親善議員連合の今井豊会長が日本関西地区訪華団を率いて大連に来て訪問した。当日、譚成旭市長が富麗華ホテルで訪華団の一行を会見した。市委員会常務委員兼常務副市長の盧林氏、市政府の衣慶燾秘書総長などが会見に参加した。

 

    譚成旭氏が日本関西地区訪華団の来訪を歓迎し、彼が、「大連市が日本との交流協力を重視しています。現在、大連における登録した日系企業は4700あまりに達しており、毎週120便あまりの便が大連と日本の間に往復しています。第二十九回大連アカシア花見および北東アジア国際観光文化週シリーズ活動が、 1000人以上の日本の友人を引き寄せ、特に大連市の栄誉市民、日本自民党の二階俊博幹事長が花見の間に代表団を率いて大連に訪問し、 且つ『北前船停泊港フォーラム』などの活動を開催し、大連と日本との関連分野の交流協力を促進した。」と言った。

 

    譚成旭氏が、「今年は中日両国の平和友好条約が締結された40周年です。この間、李克強総理が正式に日本に訪問し、両国各界の熱烈な反響と幅広い共感を呼びました。われが革新、調和、グリーン、開放、共有の新しい発展理念を堅持し、より高いレベルの開放型経済を発展する上で新しい突破を実現しようと努力します。訪華団が大連で多くの所へ行って見て、交流協力を深化する新しいチャンスを探して、互恵を実現し、共に発展することが期待されています。」と言った。

 

    日本関西地区訪華団が60人余りの日本の政界や経済界の人からなり、大連に滞在中の間「大連·日本関西地区経済貿易交流会」などのイベントを開催すると予定した。李天然氏が、「大連は東北地区における日系企業の集中度が最も高い都市であり、大連市が東北地方と日本関西地区との経済貿易交流でリーダーシップを発揮し、新時代に新たな協力を展開し、新たな発展を実現することが期待されています。」と言った。今井豊氏が、「今回の訪問により、両地企業のコミュニケーションを促進し、民間交流ルートを開拓し、双方の友好協力が新たな段階に踏み出すことを促進します。」と示した。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved