DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
譚成旭氏が「野菜直売車」がコミュニテ...
譚成旭氏が「野菜直売車」がコミュニティに入り試行工作を調査・研究する
2018-05-30

    「トマトは500グラムでいくらですか?」、「これは今日摘みとったキュウリですか?」。昨日午後、砂河口区錦虹北園の付近での「野菜直売店」に1人の特殊な「顧客」が来た。彼が露天店に1つごとに来て、注意深く見て、セールスマンと野菜の価格についておしゃべりし、野菜を買うに来た市民と世間話をした。この「顧客」は譚成旭市長である。我々市で「野菜直売車」がコミュニティに入り試行店をスタートさせた5日目、譚成旭氏がわざわざ部分の直売店に来て、現場で調査・研究した。市政府の衣慶燾事務総長が調査・研究に参加した。

 

    市民が「野菜を買うのが不便利 野菜を買うのが高い」と農民が「野菜を売るのが難しい」のこの民生難題を解決するため、5月25日、市政府が砂河口区李家大通りで「野菜直売車」がコミュニティに入り運行店をスタートさせた。10台の野菜直売車が9つのコミュニティにある10の店にコミュニティの住民にサービスした。経営品種が20~40であって、すべてが質量安全測定に合格し、販売価格が周辺の野菜小売市場より15%~20%低いである。

 

    「野菜直売店」で、譚成旭氏が詳しく野菜と副食の品種と価格を尋ね、そして野菜を買ったばかりの81歳の郭姓おばさんと世間話をし、どこか改善するべきかを尋ねた。郭姓おばさんが、「家の前の『野菜店』が便利だけではなくて、売る野菜も安くて新鮮です。すばらしいことをしてくれた市委員会、市政府に感謝します!」と答えた。譚成旭氏が、「『野菜直売店』が我々の市民のためにサービスを提供するものです。みんなが気に入るのが我々の仕事が正しくに行われるということです。今後もサービスネットワークを拡大し、供給品種を増加し、サービスの質量を高め、みんなの需要をよりよく満足させます。」と郭姓おばさんに対して話した。譚成旭氏がまたそれぞれ錦霞南園と錦宏南園の付近の「野菜直売店」を視察し、試行の仕事情況を理解し、周辺の市民の意見と提案を聴取した。

 

    譚成旭氏が調査・研究中、「市民がより良い生活への憧れが我々の目標である。各ランクの政府が習近平新時代の中国特色ある社会主義思想を導きにして、人民を中心とする発展思想を堅固に樹立し、常に人民を心配し、人民を愛し、人民を奉仕し、人民に利益をもたらす心を抱き、全体を計画・案配して市民が「野菜を買うのが不便利 野菜を買うのが高い」と農民が「野菜を売るのが難しい」の問題を解決することを重大な民生問題としてしっかりと取り組む。」と強調した。

 

    譚成旭氏が、「関連部門が広範にコミュニティの住民の意見と提案を求め、市民を便利させ、市民に利益をもらたすが迷惑をかけないように適切に営業時間を調整する。住民の需要と商業店の配置に基づいて、合理的に『野菜直売店』を配置する。試行工作の経験を真剣に総括し、市場化の原則を堅持し、だんだん全市で広め、切実に市民の家の前の民生仕事をうまく処理する。」と求めた。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved